うまずたゆまず

コツコツと

五月忌み(さつきいみ)

 
 
日本では、「端午の節句」という行事が始まる以前から、
田植えの始まる前に、田の神を迎えるために、
田植えをする「早乙女」(さおとめ)と呼ばれる若い娘達が、
不浄を避け、小屋や神社に籠り、穢れを祓い清める払う
「五月忌み」という習慣がありました。
 
古くは、「田植え」は
生命を生み出す存在である女性達の仕事で、
女性は、田の神様に使える神聖な役割を持っていました。
そのため、5月5日は田の神様に対する女性の厄祓いの日だったのです。
 
 
田植えの日に、苗を田に植え付ける女性を
「早乙女」(さおとめ)と言います。
田植えの始まりを「さおり」(または「さびらき」)と呼び、
田植えの終わりを「さのぼり」と言います。
 
早乙女達の田植えは、
「さおり」から「さのぼり」までの間に行われる
単に農作業と言うだけでなく、
田の神様をお迎えする農耕儀礼の意味がありました。
 
 

 
 
「五月忌み」の名残りとして、
端午の節句の前夜の5月4日には、
「葺き籠り」(ふきごもり)と称して、男性が戸外に出払い、
女性だけが菖蒲や蓬で葺いた家の中に閉じ籠って過ごす習俗が
尾張(愛知県)や伊勢(三重県)に、
5月5日を「女の家」「女の宿」「女の夜」と称する伝承も
四国の一部地方にあります。
 
5月4日の夜から5月5日にかけてを「女天下」と称し、
家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を
女性が取り仕切る日とする慣習を持つ地域があり、
この日だけは女性が威張っていい日とされていました。
 

 
そして田植えが始まると、農作業がきつくなり、暑さも重なるので、
「昼寝」をして体を休ませてもいいとされていました。
地方により昼寝の開始時期は、
八十八夜」とも「籾撒き」が済んだらともバラバラですが、
終わりは「八朔」(旧暦8月1日)までと決まっていたようです。