よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

高倉下(たかくらじ)

高倉下(たかくらじ)は、
神武天皇東征中の最大の危機を救った熊野の土豪です。
高倉下が剣を献上すると、神武天皇と全軍は再び活力を取り戻し、
一気に熊野の地を征服したと言われています。
 
 

夢のお告げにより、神武天皇を救う

東征中の神武天皇とその軍は、
紀伊国熊野で、熊または悪神の毒気により倒れてしまいました。
御雷神を遣わそうとしたところ、
御雷神は
布都御魂(ふつのみたま)神武天皇の元に降ろしましょう」と
剣を高倉下の元へ降ろします。
 
そして、高倉下の夢の中で、
「この剣を高倉下の倉に落とし入れることにしよう。
 お前は朝目覚めたら、天津神の御子に献上しろ」とおっしゃいました。
翌朝、高倉下が目を覚ますと、倉の屋根をぶち破って剣が突き刺さっています。
これを神武天皇に奉じると、熊野で失神していた天皇一行が回復し、
霊剣によって、大和地方の豪族を従えることが出来ました。
 
布都御魂」は、崇神天皇の御代に石上神宮に移され、
御神体となりました。
 
一方、高倉下は、神武天皇の東征後、
越の国平定の勅を奉じて日本海を渡り、越後の弥彦に移られます。
そして、本来の「倉=穀物の貯蔵所=穀物神」のパワーを発揮し、
越後開発(農業・漁業・製塩・酒造)を推し進めました。
 

ご利益(神徳)

  • 延命長寿
  • 倉庫守護
  • 開運招福
 

お祀りする神社

 

 

トップに戻る