よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

經津主神(ふつぬしのかみ)

經津主神(ふつぬしのかみ)は、香取神宮の祭神です。
古事記』には登場せず、『日本書紀』にのみ登場する
「国譲り」を成功させた建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)と並び称され
る武神です。
 
 

經津主神(おおやまくい)の神名の由来

日本書紀』によれば、
伊邪那美命に大火傷を負わせた火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)
伊邪那岐命が斬り殺した際、剣先から滴る血が高天原の河原の岩々となり、
その岩から生まれたのが、
磐裂神(いわさくのかみ)と根裂神(ねさくのかみ)で、
この二柱の神から
磐筒男神(いわづつのおのかみ)磐筒女神(いわづつのめのかみ)が生まれ、
この二柱を親として生まれたのが、經津主神(ふつぬしのかみ)です。
また『日本書紀』では、葦原中国を受け渡すように大国主神に迫る
高天原からの最後の使者として登場し、
建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)とともに「国譲り」を成功させています。
 
 一方『古事記』では、
地上に派遣されたのは建御雷之男神のみで、
その剣は「布都御霊」(ふつのみたま)と呼ばれています。
 また、建御雷之男神の別名は
「建布都神」(たけふつのかみ)とも「豊布都神」(とよふつのかみ)とも言われており、
いずれも經津主神を思わせる名称です。
そのため、經津主神と建御雷之男神は同一の神とも考えれています。
 
 

香取神宮の祭神

經津主神(ふつぬしのかみ)は、
関東地方を中心に全国にある香取神社の本拠地「香取神宮」の祭神で、
一般には「香取様」の名で親しまれています。
神名の「フツ」は、鋭い剣でものを切り裂く様を表すと言われ、
神剣の化身と考えられています。
その神格は、建御雷之男神と共通するのですが、
古事記』には登場せず、『日本書紀』にのみ登場しています。
經津主神は「香取神宮」の、建御雷之男神の「鹿島神宮」の祭神ですが、
これらふたつの神社は距離的にも近く、
秋の祭礼では船が行き来するなど、神霊同士が近しい関係にあります。
 

別名

  • 経津主命 (ふつぬしのみこと)
  • 布都御霊神(ふつのみたまのかみ)
  • 伊波比主命(いわいぬしのみこと)
  • 斉主神  (いわいぬしのみこと)
  • 香取神  (かとりのかみ)
 

神格

  • 剣神
  • 武神
 

ご利益(神徳)

  • 厄除け
  • 開運招福
  • 殖産興業
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain

 

トップに戻る