うまずたゆまず

コツコツと

大山咋神(おおやまくいのかみ)

大山咋神(おおやまくいのかみ)は、
「松尾さま」の愛称で全国的に崇められる酒造りの神です。
日吉大社日枝神社とも縁が深く、
山末之大主神・山王権現・鳴鏑神・日吉山王権現などとも記されます。 
 
 

大山咋神(おおやまくい)の神名の由来

大山咋神(おおやまくいのかみ)は、
大年神天知迦流美豆比売(あまちかるみずひめ)との間に生まれた神で、
須佐之男命の孫に当たります。
大山咋神は、大山に杭(=咋)を打つ神、
つまり大きな山の所有者を意味する山の神です。
一説では、「咋」は神霊を宿す「依代(よりしろ)でもあります。
 
古事記』によれば、
「淡海国(おうみのくに)の日枝(ひえ))の山(比叡山)に坐し、
 また葛野(かづの京都市西部)のの松尾に坐して
 鳴鏑(なりかぶら;音をたてて飛ぶ矢)を用つ神」と伝えられています。
 
秦氏氏神と崇めた開拓の守護神であり、
日吉大社、全国の日枝神社松尾神社の主神で、
「松尾さま」と呼ばれる「酒神」としても知られています。
 

賀茂建角身命賀茂氏

大山咋神は后「建玉依比売命(たけたまよりひめのみこと)との間に、
後に「上賀茂神社」の祭神となる
賀茂別雷命(かものわけいかづちのみこと)をもうけます。
妃の神名である「玉依」とは、
文字通り玉(魂)が依りつくという意味を持つことから、
この女神は大山咋神の巫女であったと思われます。
 
記紀には、大山咋神の御子を身籠った時の話が記されています。
獲物に向けて放ったはずの矢が外れ、小川に落ちてしまいます。
その矢を下流建玉依比売命が拾い、丹塗りの美しい矢だったので、
寝所に飾っていつも眺めていると、いつの間にか妊娠していました。
 
建玉依比売命がいよいよ御子を出産すると、
建玉依比売命の父神・賀茂建角身命(かものたけつぬみ)は御子の誕生を祝って
七日七夜に渡る宴を催しました。
そして孫神に、父親と思う神に神酒(みき)を注ぐように命じます。
御子が言われるがまま盃を捧げ持ち、天に祈ると、
雷鳴がとどろき、たちまち天に引き上げられたと言われます。
 
ところで、賀茂建角身命(かものたけつぬみ)は、
後の神武天皇・神倭石余比古命(かむやまといわれびこ)を大和に導いた神です。
一説によると、「八咫烏(やたがらす)と同神ともされ、
大和国葛城の地に移り住み、賀茂県主(かもあがたぬし)の祖となりました。
このため大山咋神は、賀茂氏に連なる氏族の氏神ともされています。
 

比叡山の守護神

大山咋神は元々、比叡山の山の神(地主神)で、延暦寺の鎮護神とされています。
延暦寺都の縁は、伝教大同士・最澄比叡山の山頂に延暦寺を創建した時に、
古くからこの山の地主神として鎮座していた大山咋神
寺の鎮護神としたことに始まるそうです。
その時から大山咋神が鎮座する日吉大社を、
最澄が渡った唐の天台山国清寺の山王祠に因んで
「日吉山王」と呼ぶようになったそうです。
その後は仏教風に「日吉権現」、「山王権現」と呼ばれるようになりました。
最澄天台宗との結びつきによりその霊威が全国に広がったとされます。
 

別名

  • 山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)
  • 山王権現  (さんのうごんげん)
 

神格

 

ご利益(神徳)

  • 諸産業繁栄
  • 家系繁栄
  • 厄除け
  • 開運
  • 醸造の守護
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain