よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

少名毘古那命(すくなひこなのみこと)

大国主神と協力し合って国を作り堅めた神様。
医術や呪術、酒造りや温泉の神としても信仰されています。
小柄な神様で、
後世の倭姫命の小虫生成説や一寸法師などの説話の祖型とも
見られています。
  
 

 

少名毘古那命(すくなひこなのみこと)は、
海の彼方にある常世の国から光り輝きながら渡って来た小人神です。
古事記』では、天の羅摩船(かがみぶね)というガガイモの殻の船に乗り、
蛾の皮を着て大国主命(おおくにぬしのみこと)の前に現れます。
 
 
大国主神が出雲の御大之御前(みほのみさき、現在の美保岬)で
海を眺めていると、
飛沫立つ波頭を伝い、天の羅摩船(ガガイモの船)に乗り
ヒムシ(蛾)の皮を身にまとってやって来る
小さな神様が乗っていらっしゃいました。
 
大国主神は名前を聞きましたが、答えません。
他の神々にも尋ねましたが皆、その神様のことを知りませんでした。
その時一匹のヒキガエル
「この神様については
 久延毘古(くえびこ)=かかしなら必ず知っているでしょう」
と言ったので、久延毘古を呼び訊いたところ、
「この神様は神産巣日神の子(かむむすびのかみ)
 少名毘古那命です」と大国主神に申し上げました。
 
 
神産巣日神(かむむすひのかみ)は、
天地開闢の時に最初に生まれたとされ、
万物の根源を示すと言われる「造化三神(ぞうかさんしん)
一柱でいらっしゃいます。 
 
大国主神神産巣日神(かむむすひのかみ)に申し上げると
「確かにこの神様は私の手のひらの指の間から生まれた子供です。
 あなたたちは兄弟になって、葦原中国(あしはらなかつくに)を治めなさい」と
仰っいました。
 
そこで、二人は国々をまわり、
稲や粟の栽培方法や
鳥獣や昆虫の害から穀物を守るためのまじないの法を定め、
国造りを行いました。
 
少名毘古那命は、中でも医薬の知識が豊富だったことから、
婦人病回復の守り神となります。
女性を守ってくれる神様なので、
女性の仕事であった「裁縫の神様」にもなっていきました。
全国にある淡島神社の総本社「淡嶋神社」に祀られています。
 

別称

 

神格

  • 薬の神
  • 酒造の神
  • 穀物
  • 温泉神
 

ご利益(神徳)

  • 病難排除
  • 国土安寧
  • 縁結び
  • 安産・育児
  • 漁業・航海守護
  • 産業開発
 

お祀りする神社

 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain

トップに戻る