うまずたゆまず

コツコツと

天火明命(あめのほあかりのみこと)

天火明命(あめのほあかりのみこと)
「誓約」(うけい)で生まれた天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
高御産巣日神の娘・万幡豊秋津師比売命との間に生まれた第一子。
第二子が「邇邇芸命」です。
 
 

稲穂の神

天火明命(あめのほあかりのみこと)
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)と万幡豊秋津師比売命との間に
生まれた第一子で、第二子が邇邇芸命(ににぎのみこと)です。
つまり天火明命の弟が、高千穂に降臨することになる邇邇芸命です。
 
神名の「ほあかり」を「穂赤塾」(ほあかり=稲穂の赤らみ)の意として
稲穂の神とする説もありますが、火に因んだ神名と解する説もあります。
 
この神は、尾張地方を拠点とする
尾張国造おわりのくにのみやつこ尾張国の首長)を務めた、
古代の有力豪族・尾張氏の祖神とされています。
尾張氏は海人族(あまぞく)として知られ、
5世紀頃には天皇家外戚(母方の親戚)となり、
大和政権で大きな力を持ちました。
因みに、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を手に東国を平定したとされる
倭建命(やまとたけるのみこと)
尾張氏の娘・美夜受比売(みやずひめ)を妻としており、
草薙剣を祀る名古屋の「熱田神宮」の創建には
尾張氏が深く関わったと考えられています。
 
日本書紀』では、
天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほのあかりのみこと)とも称されています。
 
「アマテル」と「アマテラス」は似た表現ですが、
天火明命尾張氏尾張氏と結びつきを持った
日本各地の海人族が崇拝した太陽神ではなかったか、
皇祖神・天照大御神とは系統の異なる男性太陽神ではないのか、
という指摘がなされています。
 
 

別称

  • 天照国照彦火明命(あまてるくにてるひこほのあかりのみこと)
 

神格

  • 太陽神
  • 農業神
 

ご利益(神徳)

  • 五穀豊穣
  • 開運厄除け
  • 子孫繁栄
  • 家内安全
  • 病気平癒
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain