うまずたゆまず

コツコツと

大屋都姫命(おおやつひめのみこと)・抓津姫命(つまやつひめのみこと)

須佐之男命の娘。
兄神の五十猛神とともに、須佐之男命が生み出した木々の種を播いて回り、
日本を緑豊かな土地にしました。
 
 

林業の女神

妹神・大屋津姫命、末妹・抓津姫命の三神は、
父神に連れられて紀ノ国に渡られました。
 
髭を抜いて放ると「杉」に、
胸の毛を抜いて放ると「檜」(ひのき)に、
お尻の毛を放ると「槇」(まき)に、
そして眉毛を抜いて放ると「樟」(くすのき)になりました。
そうやって生み出した木々を指差して
「杉と樟は船を作るのに適し、檜は宮を作るのに適し、
 槇は人々の寝棺を作る素材として適している。
 だから、みんなでたくさんの種を播きなさい」と伝えました。
三神はそれに従い、全国に木種を播いて回り、日本を緑豊かな土地にしました。
そして、それが終わると紀伊の国(和歌山県)に戻り住んだとされます。
 

林業や建築業の女神

大屋都姫命の「屋」は「家屋」のことであり、
彼女が樹木を司る神であると同時に、
樹木から作られる建造物、家屋や船などの神であることを示しています。
因みに和歌山市の大屋都姫神社では「大屋さん」と呼ばれ親しまれており、
島根県太田市大屋町の地名は、大屋都姫命に因んだもとなのだそうです。
 
一方、抓津姫命の「抓」(つま)とは、
建築を築くために製材した「木材」を意味しています。
 
 

別名

  • 大屋都媛命
  • 抓津姫神、都麻都比賣命、爪津姫神、枛津姫神、枛津姫命など
 

神格

  • 木種の神
  • 木製品の神
 

ご利益(神徳)

  • 林業守護
  • 木工業守護
  • 建築業守護
  • 船具・住宅守護
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain