うまずたゆまず

コツコツと

天宇受賣命(あめのうずめのみこと)

天岩戸に籠った天照大御神を招き出すための祭儀の折り、
神がかりになって踊った女神です。
この時に踊った踊りが「石見神楽」のルーツと言われています。
芸能を司る神として、様々な芸能関係者から篤い崇敬を集めています。
 
 

芸能の神

天宇受賣命(あめのうずめのみこと)は、
天岩戸に隠れた天照大御神を外に誘い出すために、
熱狂的な踊りを披露したことから日本の芸能のルーツとされる女神です。
日本書紀』には「巧みに俳優をなし」と記されています。
 
天岩戸の前に集まった大勢の神々の前で伏せた空桶の上に立ち、
天宇受賣命は激しく桶の踏み鳴らし、
次第にボルテージを上げ、やがて胸をはだけ、腰の紐を解いて踊りました。
すると多くの神々は大きな笑いと歓声を上げ、
岩戸の前は大変楽しく賑やかな雰囲気に満ちました。
その騒ぎが気になった天照大御神が外を除いたところ、
天之手力男神(あめのたぢからおのかみ)が手を引いて外に導いたことで
世界に太陽の光が戻ったとされます。
 

神楽や俳優の原点

天宇受賣命の踊りは、神前で舞を奉じる「神楽」の始まりとされています。
「神楽」の語源は「神座(神が宿る場)」であると言われ、
神を招き、降臨してきた神を歓迎し祝福するために
神座において踊りを捧げることを意味します。
同時に「神楽」には、神の心を楽しませ和らげる「神遊び」という意味も
含まれているそうです。
そこから派生して日本の様々な芸能が生まれたと考えられ、
この神が日本の芸能の祖神とされています。
また、『古事記』や『日本書紀』に「俳優なして」と記されていることから、
「俳優」のルーツとも言われています。
 

神々と交信する巫女

天岩戸神話で、天照大御神と会話を交わす天宇受賣命の姿は、
巫女が恍惚状態になって、神と交信する様子を映したものと考えられます。
神事において、神懸りして神と同一化したり、
神の言葉を交わす役目をする女性と言えば、「巫女」です。
 
「宇受賣」(うずめ)という名前について様々な解釈がありますが、
有力なものに、「ウズ」とは神事の際に頭に挿す枝葉や花を意味する
「挿頭」(かざし)から来ているという説があります。
この場合は枝葉や花は、神霊を招き宿らせる、
一種の寄り代の機能を持つものと考えられます。
そこから、「宇受賣」(うずめ)とは、
「神事における特別な役割をする髪飾りを挿した女性」を指すことになり、
それに該当するのが、神に奉仕する「巫女」なのです。
 

宮廷祭祀で踊る猿女君の祖神

その後、邇邇芸命天孫降臨随行して地上に降ることになりました。
その途中の天八衢(あめのやちまた)という所で、
国津神の猿田毘古神(さるたひこのかみ)が、
邇邇芸命の道案内をするために待ち構えていました。
この時天宇受賣命が交渉し、
邇邇芸命は無事に高千穂に降臨することが出来ました。
 
そしてこれが縁となり、後にこの二柱は結婚し、
猿田毘古神の故郷である伊勢国に住むことになります。
この時、邇邇芸命は、天宇受売命の功績を称えて、
「猿女君」(さるめのきみ)の名を与えます。
「猿女君」とは、
後に宮中祭祀における巫女や女儒(めのわらわ)を輩出した
神官職のことです。
また猿女には「戯る女」(さるめ)を意味するとの説もあります。
古事記』では、猿田毘古神に好意的な描写がされていることから、
実はこの編者の一人、稗田阿礼(ひえだのあれ)こそが、
猿女君の末裔ではないかという説もあります。
 

別名

  • 天宇受賣命 (あめのうずめのみこと) :古事記
  • 天鈿女命  ( 〃 、あまのうすめ) :日本書紀
  • 大宮賣神  (おおみやのめのかみ)  :鴫野神社での呼び方
  • 大宮売大神 (おおみやのめのおおかみ):祐徳稲荷神社の呼び方
  • 大宮能売大神(     〃     ):志和稲荷神社の呼び方
 

神格

  • 芸能の神
 

ご利益(神徳)

  • 技芸上達
  • 芸能上達
  • 縁結び
  • 夫婦和合
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain