うまずたゆまず

コツコツと

天之手力男神(あめのたぢからおのかみ)

天岩戸伝承で、岩戸の中に閉じ籠った天照大御神を外の世界に引きずり出した神。
このため、「筋力の神」と称えられ、「スポーツの神」と言われています。
二度と天照大御神が岩戸の中に閉じ籠らないように、
遠くに蹴り上げた岩戸が、戸隠山になったと言われています。
 
 

力の神・技芸の神

「天上界で最も手の力が強い男」という名前を持つ神様です。
天岩戸の扉を開けて天照大御神の手を取ってお出迎えしたことから、
この世に太陽の光を復活に優れた仕事をした神様として、
伊勢神宮の内宮の相殿に祀られています。
天之手力男神の力強さがスポーツにおける勝利の象徴とされ、
多くのアスリートが参詣をしています。
 

立山や戸隠の山岳信仰とも関係している神

天岩戸の扉を開けた天之手力男神(あめのたぢからおのかみ)は、
その扉を「えいっ!」と投げ飛ばしました。
投げ飛ばされた扉は、ものすごい地響きを立てて地上に落下して
現在の「戸隠山」になったという伝説があります。
その天岩戸の落ちた場所が、現在の「戸隠神社」となっています。
天之手力男神は「ここが私の住むところである」と決め、
天孫降臨に随伴して九州に降りると、紀伊和歌山県)を経て、
戸隠にやって来て定住したそうです。
また、富山県の「立山信仰」の神様としても祀られています。
 
 
 

力強くて雄壮な神楽の主役として人気

剛力のイメージのある天之手力男神(あめのたぢからおのかみ)
昔から庶民に人気があり、日本の各地に伝わる神楽の中に
この神様の姿を見ることが出来ます。
例えば、全国的にも有名な宮崎県高千穂町の夜神楽には、
天之手力男神が主役となって舞う『戸取舞』(ととりのまい)という演目があり、
神話に基づいた力強く雄壮な舞が人気を博しています。
 

別称

 

神格

  • 力の神
  • 技芸の神
 

ご利益(神徳)

  • 技芸上達
  • 五穀豊穣
  • スポーツ上達
  • 開運招福
  • 災難・厄除け
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain