うまずたゆまず

コツコツと

思金神(おもいかね)

思金神(おもいかね)は、「天岩戸開き」や「国譲り」でアドバイスをする、
思慮深く、多くの知恵を持ち、高天原の知恵袋とも言える神です。
高天原を主導する「高御産巣日神(たかみむすびのかみ)の御子とされます。
 
 

知恵を司る神

古事記伝』には「数人の思慮る智を、一の心に兼持る意なり。」とあり、
人間の智力の極致を神格化したものとされています。
高天原の神々は思金神を知恵者として敬っており、
主に、八百万の神が協力して何かを成そうとする時に、
様々な提案をする様子が記紀に書かれています。
 

天岩戸開き

まず、有名な「天岩戸開き」で、思金神は知恵者である手腕を発揮しています。

linderabella.hatenablog.com

 

国譲り

葦原中国に派遣する神の選定を行っています。

linderabella.hatenablog.com

 

天孫降臨

古事記』の天孫降臨神話では、
天照大御神の孫の邇邇芸命(ににぎのみこと)が、
地上界を統治するために天下りした時に、
天照大御神の命を受けて、一緒に天降りした「五伴緒」(いつとものを)の一柱です。
 
日本書紀』一書では、天忍穂耳命の妻であり、邇邇芸命の母である
万幡豊秋津師比売命(よろづはたとよあきつしひめのみこと)は思兼神の妹とあります。
 
 

手斧初(ちょうなはじめ)の儀式の主祭神

思金神の「金」(かね)は、大工道具の最も大切な道具である
「カネジャク(曲尺、矩尺)」の「カネ」に通じる事から、
大工が家を建築する時に最初に行う
「手斧初」(ちょうなはじめの儀式」の主祭神ともされています。
 
手斧初(ちょうなはじめ)の儀式とは・・
建前にかかる初の日に、正面を南向きにして頭柱を立て、
柱の正面に「天思兼命」(あめのおもおいかねのみこと)と書き、
右側に「手置帆乃神」(たおきほおいのみこと)
左側に「彦狭命」  (ひこさしりのみこと)と記します。
更に裏面に年月日・建主名を墨で書くという儀式のことです。
 
 

別名

 

神格

  • 知恵の神
  • 学問の神
 

ご利益(神徳)

  • 業成就
  • 技芸成就
  • 技術向上
  • 木工・金工職人守護[手斧初(ちょうなはじめ)
  • 出世開運
  • 家内安全
  • 商売繫盛
  • 開運
 

お祀りする神社

 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain