うまずたゆまず

コツコツと

端午の節句

 
 
5月5日は「端午の節句」、男の子の成長を願う日されています。
「鯉のぼり」を上げ、「柏餅」や「粽」を頂き、「菖蒲湯」に浸かります。
 
 
 
 
「端午の節句」の「端」は始めという意味です。
ですから、「端午」とは月初めの「午」(うま)の日を指し、
「端午の節句」は、元々は月初めの午の日に行われる行事でした。
その後、「午」(ご)と「五」(ご)が同じ音になるということで
奈良時代以降、5月5日が「端午の節句」として定着していきました。
 
 
 
 
縁起の良い日に思われますが、
古代Chinaでは、
5月は病気が流行し亡くなる方が多いことから「悪い月」と言われ、
更に5月5日は「5」が重なることから 「悪日」だと考えられていました。
ですから「端午の節句」は、
この悪い日に厄払いをし、家族の無業息災を願ったことが始まりとされています。
 
 
古代Chinaから日本に伝わり、
奈良時代から本格的に「端午の節句」が風習化しました。
ただ日本には、この習わしが伝わる以前より「五月忌み」(さつきいみ)という、
別の習わしがあったと言われています。
 
「五月忌み」(さつきいみ)とは、
田植えを行う前に、若い女性達が自宅に籠って、身も心も清める儀式です。
この「五月忌み」と、古代Chinaから伝わってきた菖蒲を使った習わしが混合され、
菖蒲を家の屋根に敷いたり、身を清めるために「菖蒲酒」が飲まれるように
なりました。
江戸時代には、勢力の中心は既に貴族から武家に移っており、
5月5日の「端午の節句」は、男の子のための節句として定着していきました。
 
「菖蒲」(しょうぶ)の音が
武を重んじる「尚武」(しょうぶ)と同じであることから、
「端午の節句」は、「尚武」(しょうぶ)の節句として、
武家の間で盛んに祝われるようになりました。
 
この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、
無事成長していくことを祈り、
一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。
 
 
鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。
身の安全を願って神社にお参りする時に、
鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。
鎧や兜は、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、
シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。
現在は、交通事故や病気から大切な子供を守ってくれるようにという願いも込めて
鎧や兜が飾られています。
 
 

<関連記事>

 

f:id:linderabella:20201227110649j:plain