よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

住吉三神(すみよしさんしん)

住吉三神(すみよしさんしん)とは、
「底筒之男命」(そこつつのをのかみ)・「中筒之男命」(なかつつのをのかみ)・
「上筒之男命」(うはつつのをのかみ)の総称のことです。
 
 

海の神

亡き妻・伊邪那美命を追って
死者の国である「黄泉の国」に赴いた伊邪那岐命でしたが、
そこで、穢れた屍に変わり果てていた伊邪那美命の姿にショックを受け、
逃げ帰ります。
 
地上に戻った伊邪那岐命は穢れを祓うため、禊を行います。
川の水で禊を行い、次に海に潜ります。
海底で禊を行うと「底筒之男神(そこつつのをのかみ)
海中で禊を行うと「中筒之男神(なかつつのをのかみ)
海面で禊を行うと「上筒之男神(うはつつのをのかみ)というように、
水の霊威によって次々と神々が生まれました。
 
日本書紀』によれば、
後にこの神の託宣に従って新羅親征に成功した神功皇后は、
帰国すると、神託に従って難波の海岸にこれを祀ります。
海上交通、航海の守護神として古来信仰されている大阪の「住吉大社」は、
この故事を起源としています。
住吉大神」と呼ばれることもありますが、
これは、住吉大社に祭られている「神功皇后」が含まるからです。
 

航海の安全や大漁を願う海の神

住吉三神はいずれも、「航海の安全」や「大漁」を祈り、
転じて「商売繁盛」、「家運隆盛」を約束する海の神として、
古くから篤く信仰されています。
 
大和王朝の時代から既にその傾向を見ることが出来ます。
例えば、「遣唐使派遣」の折りには、これらの神々を篤く奉祀し、
その安全を祈念したことが『延喜式祝詞(えんぎしきのりと)に記されています。
 

和歌の神

住吉三神は「和歌の神」としても信仰されています。
住吉神社の縁起などによれば、和歌によるご神託がなされたことがあり、
平安中期に成立した『伊勢物語』には、
住吉三神が詠んだという歌が収録されています。
 
 

別名

  • 墨江之三前大神
  • 筒男三神
 

神格

  • 海の神
  • 航海の神
  • 和歌の神
 

ご利益(神徳)

  • 海上安全
  • 漁業守護
  • 貿易守護
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain

 

トップに戻る