うまずたゆまず

コツコツと

黄泉醜女(よもつしこめ)

「黄泉醜女」(よもつしこめ)
「予母都志許売」とか「泉津醜女」とも表記される鬼女です。
黄泉の国で醜い死体となっていた伊邪那美命を見た伊邪那岐命が逃げ帰ろうとした時、
「渡しに恥をかかせたわね」と憤った伊邪那美命が呼び寄せ、後を追わせました。
 
一飛びで千里走るという健脚を持ち、
すぐに追いつかれてしまった伊邪那岐命が蔓草の髪飾りを投げると山葡萄が、
次に「湯津津間櫛」(ゆつつまぐし)の歯を投げると筍が生え、
黄泉醜女がそれにかぶりついて食べている隙に
伊邪那岐命は黄泉の国と現世の境界の「黄泉比良坂」(よもひらさか)まで
逃げ出すことが出来ました。
 
なお「醜女」(しこめ)とは、
古くは「強い霊力を持つ女」といった意味であったと言われていますが、
いつしか「醜い」という意味の変化から恐ろしい姿が想像されるようになったと
言われています。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain