うまずたゆまず

コツコツと

豊宇気毘売神(とようけびめのかみ)

穀物の神様である「和久産巣日神(わくむすひのかみ)の娘。
食物の神様であることが知られており、
伊勢神宮の御饌(みけ)の神様として、伊勢神宮外宮に祀られています。
 
 

食物・穀物を司る女神

伊邪那美命の尿から生まれた、最後の神「和久産巣日神(わくむすひのかみ)
「若い生成力(むすひ)」の神ですが、この神から直ちに生まれたのが
「豊宇気毘売神」(とようけびめのかみ)です。
 
,
神名は「豊かな食物(うけ)の女神」で、
食物、特に「稲の豊穣を司るの神様」とされます。
伊邪那美命和久産巣日神を生んで間もなくお亡くなりなるのですが、
その最後の場面で、
日本人にとって一番大切な食物である「稲」の神様が出現したのです。
 
豊宇気毘売神は『古事記』ではこの箇所にしか登場せず、
日本書紀』には名前すら見えませんが、
神道ではこの女神は非常に重視されています。
というのも、伊勢神宮外宮に祀られている
豊受大神(とようけのおおかみ)
「豊宇気毘売神」と同神とされているからです。
 
トヨは「豊かさ」を表わす美称で、ウケは「食」(け)の意味で、
伊勢神宮の御饌(みけ)の神として知られています。
「御饌」(みけ)天照大御神の食べ物のことで、
この神は本来それを調達する役目の神様で、
そこから発展して五穀の主宰神になりました。
豊宇気毘売神と同じ食物神として有力な神威を発揮しているのが
稲荷神の「宇迦之御魂神」(うかのみたまのかみ)です。
 
 『止由気宮儀式帳(伊勢神宮外宮社伝)』(とゆけのみやぎしきちょう)によると、
第二十一代雄略天皇の夢に現われた天照大御神は、
「私一人では寂しく、食事も心安らかに出来ないので、
丹波国の比沼真奈井にいる御饌の神、等由気大神をそばに呼んできて欲しい」
と宣託したそうです。
そこで雄略天皇は、丹波国京都府兵庫県)から豊宇気毘売神を迎えて
伊勢の地に祀ったということです。
 
丹波国の羽衣伝説と豊受大神丹波国風土記逸文」奈具社の縁起として、
次のような逸話が残っています。
丹波国風土記逸文」奈具社の縁起羽衣伝説
丹波郡比治里の比治真奈井で天女8人が水浴をしていました。
そのうち1人天女が、
老夫婦に羽衣を隠されて天に帰れなくなってしまいました。
その天女の名前は「豊宇賀能売」。
仕方なく、その老夫婦の元で暮らすことになった天女は
万病に効く霊酒の作り方を教えると、
その老夫婦はたちまち巨万の富を得ます。
ところが富を得た老夫婦は、
天女が邪魔になり追い出してしまいました。
追い出された天女は各地を転々とした後、
奈具の村に安住の地を見つけました。
天女が死んだ後は、奈具神社に祀られたと言うことです。
 
 

別名

  • 豊受気姫神  (とようけひめのかみ)
  • 豊宇気比女神 (とようけひめのかみ)
  • 豊宇可乃売神 (とようかのめのかみ)
  • 屋船豊受気姫命(やぶねとようけひめのみこと)
  • 豊宇賀能売命 (とようかのめのみこと)
  • 登由宇気神  (とゆけのかみ/とようけのかみ)
  • 等由気大神  (とようけのおおかみ)
  • 豊受大神   (とようけのおおかみ)
  • 豊受大御神  (とようけのおおみかみ)
  • 豊受皇神   (とゆけのすめがみ)
  • 豊岡姫命   (とよおかひめのみこと)
 

神格

 

ご利益(神徳)

  • 農業・漁業守護
  • 産業振興
  • 開運招福
  • 厄除け
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain