うまずたゆまず

コツコツと

波邇夜須毘古神(はにやすびこのかみ)・波邇夜須毘売神(はにやすびめのかみ)

古事記』によれば、伊邪那美神が「神生み」の最後に火の神を生み、
自らの陰部に致命的な大火傷を負って病床についた時に放った糞から生まれたのが
「波邇夜須毘古神」(はにやすびこ)と「波邇夜須毘売神」(はにやすびめ)です。
 
 

粘土の神

古事記』によると、
伊邪那美命は火の神・火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだことにより
大火傷を負います。
しかし 床に伏せながらも神々を生み続けました。
嘔吐をした次に放った糞から生まれ出たのが、
「波邇夜須毘古神」(はにやすびこのかみ)と「波邇夜須毘売神」(はにやすびめのかみ)
夫婦神です。
日本書紀』では埴安神と表記されています。
他に、神社の祭神で埴山彦神埴山姫神の二神を祀るとするものもあります。
 
名前の「波邇夜須」(はにやす)とは「埴粘」(はにやす)のことで、
土器や瓦などの材料となる赤土の粘土を表す古語です。
埴輪(はにわ)の「ハニ」と同じ意味です。
それに神聖なパワーを宿した「ニ(泥)」、
「邇夜須」(ねやす)は練って柔らかくすることを言います。
つまり、神に捧げる神器や祭具を作るために、
特に練り込んだ粘土という意味があるとされています。
 
 

土・大地・農業に関わりが深い神々

波邇夜須毘古神と波邇夜須毘売神は「粘土(大地)の神」であり、

土と関係の深い農業・製陶業・造園業・土木業などの分野では、

重要な神とされています。

波邇夜須毘古神と波邇夜須毘売神の絵にも、

田植えをする神々に立ちまじって働く二柱の姿が書かれており、

両神が大地や農業を司ることを示しています。

 
 

別名

 

神格

  • 土の神
  • 陶器の神
 

ご利益(神徳)

  • 開墾守護
  • 製陶業守護
  • 土木業守護
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain