よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)

伊邪那岐命伊邪那美命が「神生み」で最後に生んだ火の神。
その火が原因で、伊邪那美命は亡くなってしまいます。
火を扱う業者からの崇敬が高く、
鍛冶業や焼き物業といった業者から高く崇敬されています。
また、火事を抑える役割として祀られることもあり、
木造家屋が多い構造上、火事に敏感であったことが伺えます。
 
 

火の神

火之迦具土(ひのかぐつちのかみ)は、
「神生み」にて、伊邪那岐伊邪那美の最後の子として産まれます。
しかし、火の神である火之迦具土を産んだ伊邪那美は陰部(ほと)に火傷を負って
寝込んでしまい、遂に亡くなってしまいます。
それに嘆き悲しみ怒った伊邪那岐は、
「十拳剣」(とつかのつるぎ)で火之迦具土の首を刎ねてしまうのです。
そして火之迦具土の死体からは、火の神様、山の神様、剣の神様など
様々な神様が生されました。
このことは、人間が火を制し、利用するようになったことを表しているという説も
あります。
 

火之迦具土神の血から生まれた神々

十拳剣の先端の血から生成された神々

  • 石折神  (いはさくのかみ)
  • 根折神  (ねさくのかみ)
  • 石筒之男神(いはつつのをのかみ)
 

十拳剣の刀身の根本からの血により生成された神々

  • 甕速日神  (みかはやひのかみ)
  • 樋速日神  (ひはやひのかみ)
  • 建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)
    [別名:建布都神(たけふつのかみ) 、豊布都神(とよふつのかみ)
 

十拳剣の柄からの血により生成された神々

 

火之迦具土神の死体から生まれた神々

 

神名

 

御神格

  • 土器の神
  • 消防の神
  • 火の神
  • 金属精錬の神
 

伝承地

 

ご利益(神徳)

  • 火難除け
  • 産業隆盛
  • 金運増大
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain

 

トップに戻る