うまずたゆまず

コツコツと

大山津見神(おおやまつみのかみ)

「山を司る神様」で、伊邪那岐伊邪那美二神より誕生したとされています。
国土全体を山で覆われた我が国において、
大山津見神を守る神社が約3000社以上もあると言われています。
 
 

国土の約7割を占める山の支配者

大山津見神は日本の山の神の総元締として知られる、極めて重要な神様です。
「大山津見」とは「大山に静まる霊(み)」という意味で、
この神が山々を統括することを示しています。
 

多くの神々の父神

大山津見神は、富士山の女神・木花咲夜毘売命(このはなのさくやひめ)
その姉である石長毘売(いわながひめ)の親神です。
木花咲夜毘売命が天孫邇邇芸命の妻となったことにより、
皇族の血筋が山(地上)の霊力を得て、統治の正当性を持ったことを意味しています。
 
大山津見神は、娘の木花咲夜毘売命が火遠理命を生んだ時これを喜び、
祝いの酒を醸し神々に振る舞ったことから、このことが酒造りの始まりとされ、
後に「日本酒の祖神」としても信仰されています。
 
また、八岐大蛇を退治する話で、須佐之男命の妻となる櫛名田比売(くしなだひめ)
父母である足名椎神(あしなづちのかみ)・手名椎(てなづちのかみ)の父親と言及され、
国津神大山津見神」と呼ばれています。
また、やはり須佐之男命の妻となった神大市比売(かむおおちひめ)の祖神としても
登場しています。
 

三島信仰

大山津見神」は別名「和多志大神(わたしのおおかみ)と言い、
「海の神」としての性格も持っています。
三島神社の総本社である大山祇神社は、瀬戸内海の中心をなす島に鎮座し、
瀬戸内水軍の守護神として、また武門の守護神として崇拝されました。
 
また、伊豆に流されていた源頼朝三嶋大社を篤く信仰したことから、
武人の守護神となり、源氏を始め、多くの武家に崇敬されるようになりました。
そうした縁から、大山祇神社には武将達から大量の武具、刀剣類が奉納され、
現在も神宝、文化財として保管されています。
 

神名

 

ご利益(神徳)

  • 山林守護
  • 農業守護
  • 航海守護
  • 漁業守護
  • 醸造守護
 

大山津見神の伝承地

 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain