うまずたゆまず

コツコツと

大綿津見神(おおわたつみ)

「大綿津見神(おおわたつみ)は、
古事記』では、伊邪那岐命伊邪那美命の「神生み」によって生まれた
一柱であると記されています。
 
 

別名

古事記』には綿津見神(わたつみのかみ)、大綿津見神(おおわたつみのかみ)
日本書紀』には少童命(わたつみのみこと)、海神(わたつみ、わたのかみ)
海神豊玉彦(わたつみとよたまひこ)などの表記で記されています。
 

海を司る神

古事記』では、
伊邪那岐命伊邪那美命の「神生み」によって生まれた神です。
「ワタツミ」と古語で、「海つ霊」(わたつみ)を意味します。
日本書紀』では綿津見の正体を「龍」としているように、
「龍」と同一視され、その宮殿はいわゆる「竜宮城」で、

民話などでも広く親しまれる存在となりました。

 

海幸彦・山幸彦神話

綿津見神が登場する最も有名な神話は、海幸彦・山幸彦神話でしょう。
兄の海幸彦と弟の山幸彦で、
海幸は海で漁をし、山幸は山で猟をして暮らしていました。
ある時、海幸彦が道具を取り換え、獲物をとってみようと言いました。
海幸彦は容易に承知しなかったのですが、
山幸彦があまりに熱心に頼むので、遂に許しました。
しかし、海幸も山幸も何の獲物も得ることは出来ませんでした。
しかも山幸彦は、兄の大切な釣り針を海の中に失ってしまいました。
山幸彦は兄に侘びて、自分の剣を潰して千本の針を作りましたが、
それでも許してもらえませんでした。
山幸が途方に暮れていたところ、
そこへ塩椎の神(しおつちのかみ)が来て訳を聞き、
海神・綿津見神の国に行くことを教えてくれました。
山幸彦は綿津見神の宮に辿り着き、
そこで美しい豊玉毘売に出会い、結婚。
夢のような3年を過ごしました。
ある時、山幸は釣り針のことを思い出して溜息をつきました。
豊玉毘売はすぐ魚を集め、釣り針を探し出してくれました。
山幸彦はそれを持って帰国。無事に釣り針を兄に返しました。
更にその後、兄と対立しましたが、
海神にいただいた「塩盈珠」(しおみつたま)と「塩乾珠」(しおふるたま)で、
兄を降伏させることが出来ました。
 

綿津見神の神格

  • 海の主宰神
 

ご利益(神徳)

  • 学業成就
  • 安産
  • 家内安全
  • 海上安全
  • 漁業繁
  • 病気平癒
 

お祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain