うまずたゆまず

コツコツと

神武東征(じんむとうせい)

火遠理命と豊玉毘売の間に生まれた
天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命は
玉依毘売(たまよりびめ)と結婚して
四人の御子(五瀬命・稲氷命・御毛沼命・若御毛沼命)を
もうけました。
 
このうち
長子の五瀬命(いつせのみこと)と末子の若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
ともに日向(ひむか)の高千穂宮(たかちほのみや)で育ちました。
(※ 若御毛沼命(わかみけぬのみこと):後の神武天皇)
 
 
ある日、国の統治に適した場所を探していた
若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
塩土老翁(しおつちのおじ;塩椎神)がこう言います。
「東の方角に四方を山に囲まれた美しい土地があり、
 既に天磐船(あめのいわふね)に乗り、天から舞降りた者がいます。」
大和国の状況を聞いた若御毛沼命(わかみけぬのみこと)は、
兄の五瀬命と相談して東征を決意します。
 
 
それから日向を発ち、筑紫や豊後の宇沙(宇佐)を経て、
更に筑紫の岡田宮(おかだのみや)に至り、そこで1年を過ごしました。
また阿岐国(あきのくに=安芸国、現在の広島)の
多祁理宮(たけりのみや)で7年、
吉備の高島宮(たかしまのみや)で8年を過ごしました。
更に、その国を出て海上を東へ進み、更に浪速の湾を経て、
河内の白肩津(しらかたのつ)に船を泊めました。
 
ここで、現地を支配していた
登美(とみ)の那珂須泥毘古(ながすねびこ長髄彦)の軍勢と戦い、
兄の五瀬命が手に矢を受けて重傷を負います。
 
若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
「私は日の神の御子であるのに、
 日に向かって戦った為に、痛手を負ってしまった。
 これからは日を背負って戦おう」と誓い、
紀伊半島を南下して南から攻め進むことにしました。
 
ところが、紀国(きのくに)の男之水門(おのみなと)に至ったところで、
深手を負っていた五瀬命は雄叫びを上げて絶命してしまいました。
 
 
この時最後まで抵抗したのが、
同じ天孫軍を名乗る「長須泥毘古」(ながすねびこ;長髄彦)でした。
長須泥毘古は、妹(登美夜毘)を天津神(あまつかみ)の御子
邇芸速日命(にぎはやひのみこと)の妻としていた地元の豪族です。
 
その邇芸速日命(にぎはやひのみこと)の父は
天火明命(あめのほあかりのみこと)です。
天火明命は
天照大御神の御子・天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)を父に、
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の娘・
万幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)を母に持つ、
邇邇芸命(ににぎのみこと)にとっては、兄という存在です。
ですから、若御毛沼命にとっては大伯父に当たります。
 
邇芸速日命(にぎはやひのみこと)も天照大御神の詔により、
人間界へ降臨した神です。
死者をも蘇らせることが出来るパワーを持つ「十種の神宝」を携えて、
天磐船(あまのいわふね)に乗り込み、「大虚空」(おおぞら)を駆け巡り、
日本の国土を見つけて、河内国の河上の哮ヶ峯に降臨したと言います。
 
「大空からみて、よい国だと見定めた日本の国」ということから、
「虚空見つ大和の国」という言葉が生まれました。
 
邇芸速日命はその後、大和国(奈良)鳥見白庭山に遷り、
地元の豪族、長須泥毘古(ながすねびこ;長髄彦)の妹を妻とし、
大和を統治していました。
 
 
この後、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
直接的に大和に進行することを止め、
熊野から各土地の豪族を攻略しながら大和に向かうことにしました。
ところが、熊野山中では、熊または悪神の毒気により倒れました。
ここで、天照大御神と高木神(高御産巣日神)から
高倉下によりもたらされた
「布都御魂」(ふつのみたま=神剣)の霊力により軍勢は毒気から覚醒し、
活力を得ることが出来ました。
 
また、高木神の命令で遣わされた「八咫烏」(やたがらす)の案内で、
熊野から吉野の川辺を経て、更に険しい道を進みました。
 
そして最後に、長須泥毘古(ながすねひこ)と戦います。
そこに邇芸速日命(にぎはやひ)が参上し、
天津神の御子としての印の品物を差し上げて、
穏便に統治権を委譲したのですが、
邇芸速日命の義兄である長須泥毘古は抵抗し続けました。
結局、邇芸速日命(にぎはやひのみこと)
御子の宇麻志麻治命(うましまぢのみこと)とともに
長須泥毘古を討ち取りました。
 
こうして苦戦しながらも大和地方の制圧に成功しました。
 
 
この後、若御毛沼命は
神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)となり、
大物主神の子である
比売多多良伊須気余理比売(ひめたたらいすけよりひめ)を正后とし、
畝火の「白檮原宮」で即位しました。
 
比売多多良伊須気余理比売(ひめたたらいすけよりひめ)
日子八井命(ひこやい)、神八井耳命(かむやいみみ)
神沼河耳命(かむぬなかわみみ、後の綏靖天皇)の三柱の子を生みました。

 

 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain