うまずたゆまず

コツコツと

日向三代・海幸彦・山幸彦(うみさちひこ・やまさちひこ)

邇邇芸命は、大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘の
木花佐久夜毘売(このはなさくやびめ)と結婚して、三人の御子を設けました。
長子は火照命 (ほでりのみこと)[海幸彦]といい、
末子は火遠理命(ほおりのみこと)[山幸彦]といいました。
 
ある日のこと、弟の山幸彦が兄の海幸彦に、
二人の互の海と山の道具を交換したいと頼み、
しぶる海幸彦からようやく釣り針を借りることが出来ました。
ところが山幸彦は魚を1匹も釣ることが出来なかった上、釣り針も失ってしまいました。
山幸彦は「十拳剣」(とつかのつるぎ)を潰して500本の釣り針を作って償おうとしましたが、海幸彦は受け取らず、元の釣り針を返すようにと責めました。
 
山幸彦が困り果てて、海辺で嘆き悲しんでいると、
「塩椎神」(しおつちのかみ=潮流の神)が現れて、その理由を尋ねます。
山幸彦が事情を話すと、塩椎神は「无間勝間之船」(まなしかつまのこぶね)を作り、
そこに山幸彦を乗せると、
「私がこの船を押し流せば、綿津見神(わたつみのかみ)の宮へ行きます。
 その門の近くに、井戸と清浄な桂の木があります。
 その木の上にいれば、海上の娘が見つけて解決してくれるでしょう」と予言しました。
 
山幸彦は海神の宮に着くと、塩椎神に言われた通り、桂の木の上に登っていると、
海神の娘・豊玉毘売(とよたまびめ)の侍女が玉器(たまもい)を持って水を汲みに来ました。
山幸彦は侍女に水を求めると、侍女が玉器に水を汲んで差し出しました。
山幸彦は水は飲まず、首飾りの玉を解いて口に含み、玉器に吐き入れました。
侍女がそのまま豊玉毘売に差し出すと、
豊玉毘売は「門の外に人がいるのですか」と尋ねました。
侍女は「私達の王のように、貴く立派な方が、桂の木の上にいます」と答えました。
豊玉毘売はご自分で外へ出て、山幸彦を見ると、一目で気に入ってしまいました。
そこで御殿に帰って、「門前にご立派な方がおられます」と父の海神に申し出ました。
それを聞いた海神は自ら外に出て、山幸彦を見ると、
「この方は高貴な天孫の御子だ」と仰せられて丁重にもてなし、
娘の豊玉毘売と結婚させると、山幸彦はそのまま3年間、海神の宮に滞在しました。
 
ところがある時、山幸彦はふと自分がここにいる理由を思い出して、
大きな溜息をつきました。
海神は心配になって、溜息の訳を尋ねました。
山幸彦は海幸彦が失くした釣り針を返すよう攻め立てた有様を話しました。
 
綿津見神(海神)は早速、海に暮らす大小の魚を悉く集め、
失くした釣り針のありかを尋ねました。
すると魚達は、
「この頃、赤鯛が喉に骨が刺さってモノが食べられないと愁いています」と
申し上げました。
海神は赤鯛の喉から海幸彦の釣り針を見つけ出すと、
海水を自由に操ることの出来る「塩盈珠」(しおみつたま)と「塩乾珠」(しおふるたま)
授けると、山幸彦に釣り針を返す時に唱える呪文を教えました。
「『この釣り針は淤煩鉤(おぼぢ)、須須鉤(すすぢ)、貧鉤(まぢち)、宇流鉤(うるち)
 と唱えながら、後ろ手に渡しなさい。
 また、兄上が高地に田を作ったらあなた様は低地に、
 低地に田を作ったらあなた様は高地に作りなさい。
 私は作物の出来をコントロールすることの出来る水神です。
 3年間で兄上は貧しくなるでしょう。
 その時、あなた様を恨んで攻めてきたら、「塩盈珠」(しおみつたま)を出して溺れさせ、
 苦しんで助けを求めたら、「塩乾珠」(しおふるたま)を出して生かしなさい。」
それからワニを呼び集め、一尋和邇(ひとひろわに)に送らせました。
 
山幸彦は海神に教えられた通りの呪文を唱えながら、釣り針を兄に渡しました。
兄の海幸彦は、海神の予言通り数年で貧しくなり、山幸彦を攻めてきました。
山幸彦はまた海神の教え通りに、「塩盈珠」(しおみつたま)を出して溺れさせ、
助けを求めてきたところで「塩乾珠」(しおふるたま)を出して助けてあげました。
海幸彦は最後に頭を下げ、
「これから後は、あなた様の守護人として昼夜仕えましょう」と申し上げたそうです。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain