うまずたゆまず

コツコツと

天孫降臨(てんそんこうりん)

高天原の天津神(あまつかみ)と葦原中国の国津神(くにつかみ)との間には、
様々な攻防もありましたが、
ようやく高天原の神々が統治する基盤が整いました。
 
天照大御神と高御産巣日神(高木神)両神は、
当初は天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)に命じましたが、
降臨しようと身支度をしていた天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)に突然、
天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命
(あめにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎのみこと)という名の
子供が生まれたため、
自分に代わって邇邇芸命(ににぎのみこと)
豊葦原水穂国(とよあしはらみづほのくに)に天降りさせることを願い出て、
受け入れられます。
 
邇邇芸命は天照大御神の孫に当たることから、
「天孫降臨」と呼ばれるようになりました。
 
 
ともかく、邇邇芸命は複数の神々を伴い、
葦原中国の統治者として、地上へ降り立つことになりました。
 
<五伴緒(いつとものを)
  • 天児屋根命  (あめのこやね):天岩戸伝承で祝詞を奏上した祝詞の神
  • 布刀玉命   (ふとだま)  :天岩戸伝承で鏡を掲げた祭祀の神
  • 天宇受賣命  (あめのうずめ):天岩戸伝承で踊りを披露した芸能の女神
  • 伊斯許理度売命(いしこりどめ):天岩戸伝承で八咫鏡を製作した神
  • 玉祖命    (たまのおや) :天岩戸伝承で八尺瓊勾玉を製作した神
 
 
そしてこの時、天照大御神は「三種の神器」となる
「八尺の勾玉」(やさかのまがたま)
「八咫鏡」  (やたのかがみ)
「草薙剣」  (くさなぎのつるぎ)を授け、
鏡を自分自身だと思って、地上でも祀るように命じるのでした。
 
<三種の神器の警備役的副神>
  • 天手力男神(あめのたぢからお):天岩戸伝承で岩戸を蹴散らし、
                  天照大御神を救出した腕力の神
  • 思金神  (おもいかね)   :天岩戸伝承などで助言を呈してきた智恵の神
  • 天石門別神(あまのいはとわけ):天岩戸の管理をしていた門番を司る神
 
 
さて、邇邇芸命が高天原より天降る様を
天照大御神と高御産巣日神が見ていると、
その途中の天之八衢(あまのやちまた)という場所に、
一柱の神が立ちはだかっていました。
その神は、上は高天原を照らし、
下は葦原中国を照らすほどのパワーのある高貴で美しい神でした。
 
天照大御神と高御産巣日神は天宇受賣命(あめのうずめ)を呼んで、
「お前はか弱い女だが、向き合った神に一歩も引かない強さを持っている。
 だからお前が行って、我が子が天降ろうとする道を塞ぐのは誰か、尋ねよ。」と
命じました。
 
天宇受賣命がその光の元に出向き、その名を尋ねると、
その主はこう答えました。
「私は国津神で、名は猿田毘古神(さるたひこ)と申します。
 天津神の御子が降臨されると聞き、その道案内をしようと参上しました。」
その時の猿田毘古神の姿は異様なものであり、
天狗のような長い鼻、ほおずきのような赤い目、背丈が七尺(約210cm)、
口と尻からは明るく光っていました。
 
こうして無事準備も整い、
一向は「筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くしふるたけ)」という地に
降り立つことが出来ました。
 
この降臨の地に関しては、宮崎に高千穂の峰が二カ所あり、
その特定は今もなお出来ていないことから謎となっています。
 
 
ところで案内を成し遂げた猿田毘古神(さるたひこ)は、
その後、故郷に戻ることになりましたが、
この時、神々は天宇受賣命(あめのうずめ)
猿田毘古神を故郷まで送り届け、猿田毘古神の名を受け継いで
仕えるように言い渡します。
そのため、一部では、天宇受賣命(あめのうずめ)を猿田毘古神の妻と考え、
夫婦関係と捉えています。
そして、その子孫は「猿女の君」(さるめのきみ)と呼ばれ、
朝廷の祭祀に仕える巫女の一族として後世にも中央と深く関わっていきました。
 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain