うまずたゆまず

コツコツと

国譲り・Ⅱ

建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)
天鳥船神(あめのとりふねのかみ)の二柱の神は、
出雲国の伊那佐之小浜(いなさのおばな)に降り着くと、
「十拳剣」(とつかのつるぎ)を抜いて逆さまに刺し立て、
その剣先にあぐらをかいたまま、大国主神に「国譲り」を迫りました。
 
すると大国主神は「私は引退した身ですから、申し上げられません。
私の子の八重事代主神(やえことしろむしのかみ)が答えるでしょう。
しかしながら、八重事代主神は、漁のため、出掛けたまま不在です。」
そこで、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を遣わし、
八重事代主神を呼んで尋ねれると、
「この国は天神(あまつかみ)の御子に差し上げましょう。」 と言って、
乗ってきた船を踏み傾けて、 天逆手(あまのさかて=ある種の呪術的な作法)を打って、
青柴垣(あおふしがき)を作り、そこに隠れてしまいました。
 
更に建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)は尋ねました。
「八重事代主神は同意しましたが、他に申し伝えておくべき神はいますか。」
それに対し大国主命は「私の子に建御名方神(たけみなかたのかみ)という神がおります。
この子を除いて他にはおりません。」 と答えると、
その建御名方神(たけみなかたのかみ)が、
千引石(ちびきのいわ=千人がかかってやっと引くような大きな石)を片手に上げながら
現れて、「我らの国にやって来て、ひそひそ話をしているのは誰だ。
まずは力競べをしようではないか。まずは、私があなたの手を取ろう。」 と言い、
建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の手を取りました。
すると建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の手は
たちまちに氷柱(つらら)に変わり、次には剣の刃となりました。
それを見た建御名方神(たけみなかたのかみ)が恐れおののいて引き下がると、
今度は逆に、建御雷神之男が建御名方神の手を掴み、
若い葦の芽を握り潰すように手を握り潰して投げ飛ばしました。
建御名方神(たけみなかたのかみ)は、驚き惧れ、
科野国(しなののくに)の州羽海(すわのうみ=諏訪湖)に逃げ去り、
そこで降伏しました。
 
建御雷神之男は、再び出雲に戻ってこのことを告げると、
大国主神は遂に観念して、国譲りが行われました。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain