うまずたゆまず

コツコツと

国譲り・Ⅰ

大国主神が国造りを完成させた頃、
高天原の天照大御神は、
「稲穂の美しい葦原中国は、私の子が治める国である。」とおっしゃって、
葦原中国の支配を、「天忍穂耳命」(あめのおしほみみのみこと)に任せました。
天忍穂耳命は、須佐之男命との「誓約」(うけい)で一番目に生まれた神です。
ですが、天忍穂耳命は天浮橋に立って地上を見て
「葦原中国は、まだ騒がしいようだ。」と言って再び帰り上って、
天照大御神に申し上げました。
 
そこで、「高御産巣日神」(たかみむすひのかみ)が、
天照大御神の詔に従って、
天安河原(あめのやすのかはら)に八百万神を集め、
そして軍師である「思兼神」(おもいかねのかみ)に問いました。
「天照大御神が、
 葦原中国(あしはらのなかつくに)
 大御神の御子が治めるべき国であると、仰せである。
 しかし、その国には荒ぶる国津神が多くいるようだ。
 さて、どの神を遣わして説得させたらよいと考えるか。答えよ。」
 
思兼神(おもいかねのかみ)は八百万神と相談して、
「天菩比神(あめのほひ)を遣わしましょう」と申し上げました。
そこで、天忍穂耳命の弟神・天菩比神(あめのほひ)を地上に遣わしましたが、
大国主神に懐柔されて、三年経っても報告に戻りませんでした。
 
そのため再び、高御産巣日神と天照大御神大神の命令で
八百万の神々は天安河原に集まって相談し、天菩比神(あめのほひ)の子の
「大背飯三熊之大人」(おおそびのみくまのうし)を派遣しますが、
父神同様、そのまま出雲に留まりました。
 
更にその次に、天津国玉神(あまつくにたま)の子・
「天若日子」(あめのわかひこ)
「天之麻迦古弓」(あめのまかこゆみ)と「天之波矢」(あめのははや)を授けて
派遣しましたが、
天若日子は大国主命の娘・「下照比売」(したでるひめ)を娶り、
葦原中国を自分のものにしようと考えて、
8年経っても、高天原に戻りませんでした。
 
 
天若日子がなかなか戻ってこないので、
天照大御神と高御産巣日神は、再び思兼神(おもいかねのかみ)に尋ねると、
「雉の鳴女を遣わすのはいかがでしょう。」
雉の鳴女は天から降り、天若日子の家の門のよく茂った楓の小枝に留まって、
天照大御神の言葉の通り正確に伝えました。
すると、この鳥の言葉を聞いた天佐具賣(あまのさぐめ)が、天若日子に言いました
「この鳥の鳴き声はとても不吉ですから、射殺して下さい。」
天若日子はあろうことか天照大御神から授かった
「天之麻迦古弓」(あめのまかこゆみ)と「天之波矢」(あめのははや)でもって、
雉を射殺してしまいました。
その矢は雉の胸を貫いて天上まで上がり、
天安河原におられた天照大御神と高木神(高御産巣日神)の所にまで届きました。
 
高木神が、その矢を取って見てみると、血が矢羽に着いていました。
「この矢は天若日子に授けた矢ではないか」と仰せられ、
その矢を高々と差し上げて神々に見せ、誓約をしました。
「もし、天若日子が勅命に背かず、悪い神を射た矢がここに届いたのであれば、
 天若日子に当たらない。
 しかし、邪心があるのであれば、天若日子はこの矢によって死ね・・・」
言うが早いか、その矢を矢が開けた穴から下に投げ返されました。
矢は、朝の床で寝ていた天若日子の盛り上がった胸に当たり、
天若日子は死んでしまいました。
 
葦原中国の平定が思いの他難航するので、
ほとほと困り果てた天照大御神が思金神に尋ねると、
天石屋(あめのいはや)にいる伊都之尾羽張神(いつのおはばりのかみ)
あるいはその神の子の建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)を派遣するしかない、
ということになりました。
天迦久神(あめのかくのかみ)を遣わして伊都之尾羽張神に尋ねたところ、
「承知致しました。しかし、この任務には我が子の建御雷之男神が適任です。」と
答えました。
そこで、天照大御神は、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を建御雷之男神に副えて
葦原中国に遣わしました。 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain