うまずたゆまず

コツコツと

大国主命の国造り

出雲の支配者となった大国主命は、
須佐之男命の娘・「須勢理毘売命」(すせりびめのみこと)の他、
「誓約」(うけい)によって生まれた須佐之男命の娘で
「宗像三女神」の長女「多紀理毘売命」(たきりびめのみこと)を始めとする
多くの后を娶り、
十七世神(とおまりななよのかみ)とも呼ばれる多くの神々の父となりました。
 
 
ところで、「因幡の白兎」で登場した八上比売(やがみひめ)は、
正妻の須勢理毘売命を恐れ、
大国主命との間に生んだ子を木の俣に刺し挟んで実家に帰って行きました。
 
また、高志国(こしのくに:北陸一帯)の沼河比売(ぬなかわひめ)を娶ろうと出掛け、
八千矛神(やちほこ)の名を使って歌を詠み交わし、翌晩二柱は結ばれました。
ここでお二人が交わされた歌が、古事記で初めて出てくる恋の歌だそうです。
 
これに、妻の須勢理毘売命が大変嫉妬。
困惑した大国主命は出雲国から大和国に逃れる際に須勢理毘売命に歌を詠むと、
須勢理毘売命は杯を捧げて留める歌を返したそうです。
 
そんなことがあったからでしょうか。
沼河比売(ぬなかわひめ)は結婚後、大国主命と不仲になり故郷・高志の国に逃げ帰り、
糸魚川平牛山稚児ケ池の畔に身を隠し、二度と姿を見せなかったということです。
 
ただ、二神の間に生まれた「建御名方神」(たけみなかた)は、
姫川を遡って諏訪に入り、諏訪大社の祭神になったと言われています。
 

 
私生活はさておき、ここから、いよいよ国造りに入ります。
大国主命が、出雲の御大岬(みおのみさき)にいた時のことです。
彼方から「天之羅摩船」(あめのかがみぶね)に乗って、
鵝皮(ひむしのかわ)を着た小さな神様が現れました。
名を尋ねても返事をしてきません。
誰だろうと思っていると、そこにヒキガエルの多邇具久(たにぐく)が現れて、
「山田の案山子(かかし)の神・久延毘古(くえびこ)に聞けば分かりますよ」と答えました。
久延毘古(くえびこ)の元に訪れて、彼の名を尋ねると、
「神産巣日神(かみむすひ)の御子神・少名毘古那神(すくなびこなのかみ)です。」と
答えました。
そこで、高天原にいる神産巣日神(かみむすひ)のに尋ねると、
「これは確かに私の子である。
 子の中でも小さ過ぎて、私の指の隙間から落ちてしまったのだが、
 とても優秀な子だから、少名毘古那神と共に、国造りをするように」と命じました。
こうして、大国主命と少名毘古那神の二柱の神様は共にこの国の統治を始めました。
 
この二柱は、これは、あまり『古事記』では触れられていないのですが、
『日本書紀』や各地の『風土記』には、その活躍が記録されており、
それによると、全国の国造り、山造り、島造りなどの国土開発事業や
農業技術の指導普及を行いました。
またある時、病気になった少彦名神がお湯に浸かると、やがて病状は回復。
この時のお湯が、現在の道後温泉(愛媛県松山市)の基になったと言われています。
そのため現在でも、両柱は、医療・医薬、酒造、農業、温泉、占いなどの神様として、
こうした業種に関連する方々(製薬会社やビール会社など)からは
特に篤い崇敬を集めています。
 
ところが国作り半ばにして、少名毘古那神は突如、自分の役割は終わったとして、
粟の茎に登り、その弾力を使って常世の国に帰って行ってしまいました。
大国主命は大変ショックを受け、この先、一人でどうやって国作りに励めばいいのか、
その方向性を見失ってしまいました。
 
 
すると、その時、海の向こうから海面を照らしながら、
やって来るひとつの神「大物主神」(おおものぬし)が現れました。
「私は、幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)である。
 私を祀れば、一緒に国作りをしましょう」と。
大国主命はどう祀ればよいのか尋ねたところ、
「大和国の東の山の頂きに祀りなさい。」と言われたので、
早速言われた通り、大物主神を大和の御諸山(みもろやま)
現在の三輪山(奈良県桜井市)に祀りました。
そして今度は、この両神による国造りが行われました。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain