うまずたゆまず

コツコツと

大国主命の根の国訪問

根の堅州国(かたすくに)に渡った大国主命は、
そこで須佐之男命の美しい娘神「須勢理毘売命」(すせりびめのみこと)
恋に落ちてしまいます。
須勢理毘売命が御殿に戻り、早速「とても立派な神が来られました」と報告すると、
須佐之男命は「あれは葦原色許男(あしはらしこお)という神だ。」と言い、
なぜか蛇の室に導きました。
 
須勢理毘売命は密かに蛇除けの布・比礼(ひれ)を授け、
「蛇が襲ってきたら、この比礼(ひれ)を三度振って追い払って下さい」と教えます。
大国主命がが須勢理毘売命の言う通りにすると、
蛇は途端に大人しくなり、一度も食いつかれることはありませんでした。
 
次の日の夜は、百足(むかで)と蜂(はち)の部屋に入れられました。
須勢理毘売命がやって来て、百足と蜂を払う比礼を渡して同じように教えたので
前の日と同様に無事に過ごすことが出来ました。
 
次に須佐之男命は、「鳴鏑」(なりかぶら)という矢を野原に向けて放ち、
その矢を拾ってくるように命じました。
大国主命は その命令通りに矢を探しに野原に入ると、
須佐之男命はそこに火を放って大国主命を追い詰めました。
途方に暮れている大国主命の前にネズミが現れてこう言いました。
「中は富良富良(ほらほら)、外は須夫須夫(ずぶずぶ)。」
地面の下に空洞があることを知らせます。
これを聞いた大国主命がその場を踏むと、地面はみるみる割れてきて、
その裂け目に落ちて、どうにか炎をやり過ごし、難を逃れることが出来ました。
更にそのネズミは
須佐之男命が放った「鳴鏑」(なりかぶら)の矢を探し出してきてくれました。
 
その間に炎は野原を焼き尽くしてしまいましたので、
須勢理毘売命は、大国主命が死んだと思い泣きながら葬儀の準備をしていました。
もちろん須佐之男命も「これでさすがに死んだだろう」と思っていました。
ところがその時、手に矢を持った大国主命が現れ、矢を奉りました。
 
しかしそれでもまだ、須佐之男命は試練を与えます。
大国主命を広い寝室に招き、頭に巣くう虱(しらみ)を取るように命じます。
須佐之男命の頭には、虱ではなくたくさんの百足が這っていました。
そこにまたまた須勢理毘売命が現れ、牟久(むく)の木の実と赤土を持って来て、
大国主命に渡しました。
大国主命はその牟久の木の実を噛み砕き、赤土を口に含んで吐き捨てを繰り返します。
これを見た須佐之男命は、大国主命が頭の百足を口の中で噛み潰していると勘違いし、
感心します。
心を許したのか、眠気に勝てなかった須佐之男命はそのまま眠ってしまいました。
 
須佐之男命が眠ったことに気付いた大国主命は、
この隙に須佐之男命の長い髪を部屋の大きな柱に結びつけ、大きな岩で入口を塞ぎ、
須勢理毘売命を背負い、
宝物の「生大刀」(いくたち)、「生弓矢」(いくゆみや)、天の詔琴(あめののりごと)
持ち出して部屋から出ようとしました。
ところがその時、「天の詔琴」が木に触れ、大地が揺れるような大きな音がしました。
 
 
この音を聞いた須佐之男命は慌てて飛び起きましたが、
柱に結びつけられた髪が邪魔で追いかけられません。
そのまま建物を引き倒してしまいました。
須佐之男命が柱に結ばれた髪を解いている間、
大国主命は須佐之男命の御殿より遥か遠くへと逃げ出していました。
髪を解き、二人を追いかけて来た須佐之男命は、
地上との境「黄泉平坂」(よみつひらさか)まで来るとそこに留まり、
大国主命に向かってこう叫びました。 
「私から奪ったその生大刀と生弓矢を使って、
 八十神達を坂の裾まで追い伏せ、川の瀬に追い払うがよい。
 そして、お前は大国主命となり、「宇都志国玉神」(うつくしくにたまのかみ)となり、
 須勢理毘売命を嫡妻(むかいめ=正妻)にして、
 宇迦能山(うかのやま)の麓に太い柱を立てて、地底の岩盤に届き、
 高天原に届くほど高い宮柱をもった宮殿を建てよ!」 と命じました。
 
大国主命はその言葉通り、八十神(やそかみ)達を退治し、国造を始めました。
 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain