うまずたゆまず

コツコツと

大国主命の試練

八上比売を大国主命に取られてしまった八十神達は腹を立て、
大国主命を待ち伏せて 罠にかけて殺してしまおうと考えました。
八十神一行が伯耆国(ほうきのくに)の手間山の麓に着いた時、
こう命じました。
「この山には赤い猪が棲んでいる。
 我らがそれを追い立てるから、お前は待ち伏せて捕えるのだ。」
大国主命は命令通りに待ち伏せていると、
八十神は火で焼いた大石を山上から大国主命目掛けて転がしました。
それを赤い猪だと思って待ち構えていた大国主命は、
石に焼き潰されて死んでしまいました。
 
これを知った母神の「刺国若比売」(さしくにわかひめ)は大変悲しんで、
天上の高天原に上り、「神産巣日神」(かみむすび)に助けを求めました。
𧏛貝比売は身体を繋ぎ集め、蛤貝比売が赤貝の汁を塗ると、
大国主神は蘇生しました。
 
 
これを見た八十神達は、大国主命を再び山に連れて行き、
大木を切り倒して楔を打ち、
その割れ目に入らせ、楔を引き抜いて挟み殺しました。
また母神の刺国若比売が泣きながら大国主命を探し出し、
その木を裂いて生き返らせました。
そして八十神の元へ戻せば、また殺されてしまうだろうと思い、
大屋毘古神おおやびこのかみ)の木の国に送り出しました。
 
 
大国主命が生き返り、自分達から逃げ出したことを知った八十神は、
大国主命を必死に探しました。
そして、大国主命が大屋毘古神の元に逃げたことを突き止め、
大屋毘古神に向けて弓矢を構え、
大国主命を引き渡すように求めました。
しかし、大屋毘古神はそれに応じず、
大国主命を木の股から逃がし、こう教えました。
「須佐之男命のいる根之堅州國(ねのかたすくに)へ行きなさい。
 その神がきっと良い考えを持っているだろうから。」
こうして大国主命は、
須佐之男命が治めている根之堅州國へと向うことにしました。
 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain