うまずたゆまず

コツコツと

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

須佐之男命の子孫である大国主命は、
様々な試練をくぐり抜けていく英雄として知られています。
「因幡の白兎」はその最初のエピソードです。
 
大国主命には、八十神(やそがみ)と呼ばれるほど多くの兄弟神がいました。
彼らは皆、美しいと評判の八上比売(やがみひめ)を妻にしたいと思い、
連れだって求婚するために出掛けました。
そして、末弟の大国主命に皆の荷物を背負わせ、従者として連れて行きました。
 

f:id:linderabella:20201225131424j:plain

 
一方、隠岐の島に住む1匹の白兎が、
ある姫神に会いたいと思い、因幡の国へ行きたいと考えていました。
しかし、隠岐の島と因幡の間は海でとても自力では渡れません。
そこで白兎は、鰐(わに)を騙して向こう岸に渡ろうと考え、
「鰐さん、君達の仲間と僕達の仲間と、どちらが多いか比べてみようよ」と提案し、
鰐を因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。
もう少しで向こう岸に着こうという時、兎は得意げに言いました。
「君達は騙されたのさ、本当は因幡の浜に上がりたかっただけなのさ」
それを聞いた鰐は怒って、白兎の体中の毛をむしり取り、
あっという間に赤裸にしてしまいました。
 

f:id:linderabella:20201225131424j:plain

 
八十神の一行が気多岬(けたのみさき)にやって来ると、
赤裸にされた白兎がその痛みで砂浜で泣いていました。
八十神は「海の潮を浴び、風に当たってよく乾かし、高い山の峰で伏せていよ」と
教えます。
白兎が言われた通りにしてみると、痛みがますますひどくなってしまいました。
 
あまりの痛さに白兎が苦しんで泣き伏せていると、
そこに兄神達の全ての荷物を担がされて大きな袋を背負った大国主命が、
白兎に泣いている理由を尋ね、言いました。
「今すぐ河口に行って真水で体を洗い、蒲黄(がまの穂にある花粉)を取って、
 それを敷き、その上に転がれば肌は元通りになるだろう」と教えて上げました。
白兎がその通りにすると、やがて毛が元通りになりました。
たいそう喜んだ白兎は
「八上比売は兄神ではなく、あなたを選ぶでしょう。
 あのような意地悪な神様は、八上姫をお嫁にもらうことは出来ません」と言い残し、
自らが伝令の神となって、兄神達の到着より前にこの事実を八神姫に伝えたのでした。
 
兎の言った通り、八上比売は八十神の申し出を悉く断り、
大国主命に嫁ぐことになりました。
 

f:id:linderabella:20201225131424j:plain

 
八上比売(やがみひめ)と大国主命との縁を見事に取り持った白兎は、
鳥取県にある「白兎神社」の御祭神となっています。
白兎の取り持つ縁は、ある特定の人や叶わぬ人との縁です。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain