うまずたゆまず

コツコツと

八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知(やまたのおろち)伝説

高天原を追放された須佐之男命(すさのおのみこと)は、
出雲の国(現:島根県)の斐伊川(ひいがわ)上流の
鳥髪(現:船通山)という地に降りました。
この時、箸が上流から流れてきたため、上流に向かうと、
一人の童女(おとめ)を囲んで泣いている老父と老婆を発見します。
須佐之男命は「お前たちは誰か?」と尋ねました。
 
「私は国つ神で、大山津見神(おおやまつみのかみ)の子・足名椎命(あしなづち)
 妻の名は手名椎命(てなづち)、娘の名は櫛名田比売(くしなだひめ)申します。」
「私達には、8人の娘(八稚女)がいたのですが、
 八岐大蛇(やまたのおろち)が毎年やって来ては、娘達を一人ずつ食べてしまうのです。
 そして今年もまた八岐大蛇がやってくる時期が来たので、
 最後の娘である櫛名田比売をも食い殺されてしまうかと思うと悲しくて・・・・。」
 
須佐之男命がその八岐大蛇について尋ねると、2人は続けてこう答えました。
「一つの胴体に8つの頭、8つの尾を持ち、
 その目は赤加賀智(あかかがち=ホオズキ)のように真っ赤であり、
 体には苔や檜、杉が生え、8つの谷と8つの丘にまたがるほど巨大で、
 その腹は、いつも血で滲んでいます。」
 
須佐之男命はしばらく考え、こう切り出しました。
「私は天照大御神の弟である。今、天から降りて来た。
 おまえの娘・櫛名田比売を私にくれるなら、八岐大蛇を退治してやろう。
 お前達は今から私の言う通りにするのだ。そうすれば、化け物は必ず退治出来る」
須佐之男命の急な提案に足名椎命、手名椎命は戸惑いましたが、
「娘の命が助かるなら」と頷きました。
 
この後須佐之男命は、櫛名田比売の身を守るために、湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に変え、
自らの美豆良(みずら=髪)に刺しました。
そして足名椎命、手名椎命に、
「8回も繰り返して醸造した強い酒を造り、
 垣根を張り巡らし、その垣根には8つの門を作り、門毎に8つの桟敷をつけ、
 その桟敷毎に酒船を置いて、その酒船全てに酒を満たしておくように」と
指示しました。
 
二人は指示通りに準備して待っていると、
そこに八岐大蛇が凄まじい地響きを立てながら現れると、
酒船に頭を入れてガブガブと飲み始むと、泥酔して寝てしまいました。
その時です。
須佐之男命は腰に帯びた「十拳刀」(とつかのつるぎ)を振りかざし、
八岐大蛇をズタズタに斬り刻んで殺してしまいました。
八つに斬られた八岐大蛇は、斬られた部分ごとに雷となり、
その八つの雷は飛び上がって天に昇って行きました。
また、斐伊川(ひいがわ)は赤い血の川となって流れました。
 
また、八岐大蛇の尻尾を斬った時に刀の刃が欠けたので、
不思議に思ってその尾を裂いてみると、中に一本の剣が入っていました。
この剣は、「天叢雲剣」(あまのむらくものつるぎ)と言います。
これは八岐大蛇の上には常に雲があったためこのように名付けられました。
須佐之男命は、「これは不思議な剣だ。私の私物にすることは出来ない。」と言い、
天上の高天原に献上されたと伝えられています。
この剣は、後にヤマトタケルが東征した時に用いられ、
「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)と呼ばれるようになりました。
一方、須佐之男命が八岐大蛇を斬った剣は、「蛇の麁正」(おろちのあらまさ)と言います。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain