うまずたゆまず

コツコツと

天岩戸(あめのいわと、あまのいわと)

誓約(うけい)によって身の潔白が証明された須佐之男命は、
その後、乱暴狼藉の数々の悪事を働くようになってしまいます。
田んぼの畦や溝を破壊したり、神殿に糞をぶちまけたり・・・。
それでも天照大御神は、弟の愚行を庇い、深く咎めず、じっと耐えました。
 
そしてある時、決定的なことが起きてしまいます。
天照大御神が斎服殿(いみはたどの)=機織り小屋で
「天服織女」(あめのはたおりめ)に神衣を織らせている時、
須佐之男命は斎服殿の屋根に穴を開け、
天斑馬(あめのふちこま)の皮を逆さ剥ぎして放り込みます。
すると、天服織女(あめのはたおりめ)はこれを見て驚き、
動転して尖った器具で自らの陰部(ほと)を突き刺し、
死んでしまったのです。
さすがに今まで庇い続けてきた天照大御神も堪忍袋の緒が切れて、
「天岩戸」(あまのいわと)と呼ばれる洞窟にお隠れになってしまわれました。
 
 
太陽の神様である天照大御神がお隠れになると、
神々が済む高天原も人間が住む葦原中国も、
漆黒の闇に包まれました。
すると、食べ物が育たなくなったり、病気になったり、
世界は禍が蔓延しました。
 
 
ほとほと困り果てた八百万の神々は、
「天安河原」(あまのやすかわら)に集まり、
思慮の神様「思金神」(おもいかね)に、
どうすればいいのか相談をするのでした。
すると「思金神」(おもいかね)は次のように様々な儀式を提案、
早速実行に移されることになりました。
 
まず、常世の「長鳴鳥」(ながなきどり)を多く集めて鳴かせました。
そして、 「天安河」(あまのやすかわ)の川上の堅い石や鉱山の鉄を取って、
鍛冶の神「天津麻羅」(あまつまら)に矛を作らせ、
「伊斯許理度売命」(いしこりどめ)に「八咫鏡」(やたのかがみ)を作らせ、
「玉祖命」(たまのおや)に命じて「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)
「五百津之御統珠」(いおつのみすまるのたま)を作らせました。
また、これら一連の図り事が正しいかどうかを知るために、
祝詞の神「天児屋命」(あめのこやね)と祭祀の神「布刀玉命」(ふとだま)を呼んで、
雄鹿の肩の骨を抜き取り、天香山の天之波迦の木(ははかのき)を取って
占いをさせました。
 
占いの結果、正しいことが分かったので、
今度は天香山に繁る榊を根ごと掘り起こし、
上の枝に「八尺瓊勾玉」(やさかにのまがたま)の「五百津之御統珠」(いおつのみすまるのたま)
中の枝には「八咫鏡」(やたのかがみ)
下の枝には白い「布帛」と青い「布帛」を垂らしました。
 
それを布刀玉命(ふとだま)が「御幣」(ごへい)として奉げ持ち、
天児屋命(あめのこやね)が祝詞を唱えて、
腕力の神、「天手力男神」(あめのたぢからを)が、
岩戸の脇に隠れて待機しました。
それからいよいよ舞い手である芸能の女神「天宇受賣命」(あめのうずめ)
現れます。
天宇受賣命(あめのうずめ)は、
天香山の天之日影(あめのひかげ)を襷にかけ、
天之真拆(あめのまさき)で鬘(かずら)を結い、
天香山の笹の葉を束ねて持ちました。
そして、天岩戸に桶を伏せて踏み轟かして神がかりとなり、
胸をさらけ出し、裳の紐を陰部まで押し下げて踊りました。
すると高天原中がどよめき、八百万の神々が一斉に笑い出した。
 
 
こうして、祝宴にも似たどんちゃん騒ぎを繰り広げると、
岩戸の中に籠っていた天照大御神は不審に思います。
そこで、天照大御神は天岩戸を少し開け、
「自分が扉の中に籠っているため、 高天原は闇になり、
 また葦原中国も全て闇であるはずなのに、
 何故、皆は楽しそうなのか」と尋ねます。
すると、楽しそうに踊る天宇受賣命は、
「あなた様にも勝る尊い神様が現れたので、
 みな喜び笑って踊っているのです」と申し上げました。
 
この間に、天児屋命(あめのこやね)と布刀玉命(ふとだま)は、
用意していた八咫鏡を掲げ、天照大御神にお見せすると、
いよいよ奇妙に思い、ゆっくりと戸から出て、岩戸から身を乗り出しました。
その瞬間、すかさず、岩戸の脇に隠れていた天手力男神が、
天照大御神を外の世界へと引きずり出しました。
そして、布刀玉命(ふとだま)は岩戸の前に進んで注連縄を張り、
「もう中には入らないで下さい」と申し上げました。
 
こうして、太陽の神・天照大御神が再び出てくると、
高天原も葦原中国も照り輝き、明るくなりました。
 
 
この後、天照大御神が天岩戸にお隠れになるきっかけを作った須佐之男命は、
髭と手足の爪を剥ぎ取られ、高天原から追放されたのです。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain