うまずたゆまず

コツコツと

誓約(うけい)

伊邪那岐神は、最後に生んだ貴い三柱の神「三貴子」、
天照大御神、月読命、須佐之男命に統治する場所をそれぞれ言い渡します。
天照大御神には太陽と昼間、天上の神様の国 「高天原」を、
月読命には夜の国を、そしてスサノヲは海原を。
 
 
ところが、須佐之男命はその任務を全うせず、
髭が胸まで伸びる時が過ぎても海原を治めることをせず、
いつも怒っては荒れ狂い、泣きわめいては周囲を困らせていました。
そのため悪神が蔓延り、あらゆる災難という災難が起こります。
手を焼いた伊邪那岐神は尋ねます。
「おまえは何がそんなに不満なのか、なぜそんなにあれ狂っているのだ」
すると須佐之男命は
「私は、母の伊邪那美命に会いたいのです。
 いずれ黄泉の国を旅しようと思っています」
この言葉に激昂した伊邪那岐命は、
「この国には住んではいけないと」追放してしまいます。
 
 
葦原中国(あしはらなかつくに)を追放された須佐之男命は、
根の堅州国(ねのかたすくに)に向かうことを決意するのですが、
その前に、姉神である天照大御神に挨拶をして行こうと、高天原に訪れます。
 
荒ぶる神・須佐之男命がやってくるその影響で、
山も川も鳴り響き、 大地は地震の様に揺れ動きました。
そして乱暴者の須佐之男命が地上からやって来ると聞いた天照大御神は、
須佐之男命が善良な心で来る訳がない、 私の治める国を奪うつもりだ・・・と
須佐之男命を迎え撃とうとします。
 
 
須佐之男命は、武装して自分を迎えた天照大御神の警戒を解くため、
自分は葦原中国を追放され、根の堅州国へ赴くことになった経緯を報告するため
参上しただけで、邪心はないことを告げます。
 
これに対し天照大御神が、心の潔白がどうやったら分かるのかと問うと、
須佐之男命は、自分がそんな狙いがあって来た訳ではないことを証明するために、 
天照大御神と須佐之男命が所有するものを交換し、
そこから生まれ出た御子神の性別によって、自らに邪な気持ちがないことを証明する
「誓約」(うけい)をしようと提案しました。
 
 
天安河(あめのやすかわ)を間に挟んで、二柱は「誓約」(うけい)をしました。
まず須佐之男命が自らが所有する「十拳の剣」(とつかのつるぎ)を手渡し、
受け取った天照大御神がそれを三つに折り、
「天真名井」(あめのまない)の水ですすいでから噛み砕き、息を吹き出すと、
その息によって起こった霧から3柱の女神が生まれました。
それが、「宗像三女神」(むなかたさんじょしん)です。
  • 多紀理毘売命(たきりひめのみこと)
  • 市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)
  • 多岐都比売命(たきつひめのみこと)
「宗像三女」は天照大御神の息から生まれましたが、
須佐之男命の剣を物実(ものざね)=材料として生まれたということで、
須佐之男命は三女神を自分の子として主張し、
自分の所有物である剣から心優しい女神が生まれたのは、
自分に邪なことがなかったからであるとし、その身の潔白を伝え、
天照大御神はそれを了承する形で、
一先ず、須佐之男命は高天原に迎え入れられることになりました。
 
 
続いて、天照大御神は須佐之男命に自身の身に着けていた
「八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠」を手渡します。
受け取った須佐之男命もこれを噛み砕き、息を吹き出すと、
吹き出した息の霧から5柱の男神が生まれました。
  • 左のみづらに巻いている玉から「天之忍穂耳命」(あめのおしほみみのみこと)
  • 右のみづらに巻いている玉から「天之菩卑能命」(あめのほひのみこと)
  • かづらに巻いている玉から  「天津日子根命」(あまつひこねのみこと)
  • 左手に巻いている玉から   「活津日子根命」(いくつひこねのみこと)
  • 右手に巻いている玉から   「熊野久須毘命」(くまのくすびのみこと)
なおこの5柱のうちの「天之忍穂耳命」の子孫が、
現在の皇族と伝えられています。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain