うまずたゆまず

コツコツと

黄泉の国(よみのくに)

伊邪那岐命と伊邪那美命は多くの神様を生みました。
ところが最後に火の神様を生むと、
伊邪那美命は大火傷を負って亡くなってしまいました。
 
突然、最愛の妻・伊邪那美命を失った伊邪那岐命は、
その現実を受け入れられません。
 
想いを諦め切れない伊邪那岐命は、
黄泉の国にいるという伊邪那美命に会うことを決意します。
黄泉の国へと通ずる「黄泉比良坂」(よもつひらさか)を訪れ、
そのまま黄泉の国との境にある「根の堅州国」(ねのかたすくに)へと向かいました
 
 しかし、黄泉の国の食事をしてしまった伊邪那美命は、
もう元の国には帰れません(「黄泉竈食ひ」(よもつへぐい)) 。
伊邪那岐命が迎えに来てくれたことを知った伊邪那美命は、
決して自分の姿を見ないよう、伊邪那岐命に言い残し、
黄泉の国の神様の元へ相談に行きました。
 
もうどれくらいたったことでしょう。
待ちきれなくなった伊邪那岐命は、
自分の左の「角髪」(みずら)に刺していた「湯津津間櫛」(ゆつつなくし)という
櫛の端の歯を折って、火を灯して中を覗き込みます。
 
すると何としたことでしょう。
伊邪那美命の体は腐って蛆(うじ)がたかり、声はむせびふさがっており、
蛇の姿をした8柱の雷神(八雷神)がまとわりついていました。
 
<八雷神>
  • 頭  ⇨ 大雷(おほいかづち)
  • 胸  ⇨ 火雷(ほのいかづち)
  • 腹  ⇨ 黒雷(くろいかづち)
  • 陰部 ⇨ 折雷(さくいかづち)
  • 左手 ⇨ 若雷(わかいかづち)
  • 右手 ⇨ 土雷(つちいかづち)
  • 左足 ⇨ 鳴雷(なるいかづち)
  • 右足 ⇨ 伏雷(ふすいかづち)
 
あまりの恐ろしさに、伊邪那岐命は逃げ出してしまいました。
一方、自分の姿を見られ、激怒した伊邪那美命は、
「黄泉醜女」(よもつしこめ)ら追手と共に追いかけます。
 
伊邪那岐命は逃げながら黒蔓草で出来た髪飾りを投げると、
地面に落ちて山ぶどうの木が生えました。
醜女達が山葡萄の実をむさぼり食べている間に、伊邪那岐命は逃げました。
 
しかし、まだ追いかけてくるので、
伊邪那岐命は今度は右の「角髪」(みずら)に刺していた
竹製の「湯津津間櫛」(ゆつつまぐし)の歯を折って投げると、
今度は筍が生え、醜女がそれを抜いて食べている間に、伊邪那岐命はまた逃げました。
そこで、伊邪那美命は、
自分の体にいた八種類の雷神達に千五百の軍勢をつけて追いかけさせました。
そこで伊邪那岐命は、剣を抜いて 体の後で振りながら逃げました。
しかし、まだ追いかけてきます。
ようやく伊邪那岐命が黄泉比良坂の麓に来た時に、
そこに生えていた桃の木から実を三つ取り、待ち構えて投げつけたところ、
雷神達は黄泉の国に帰っていきました。
伊邪那岐命はその桃の実に「自分を助けたように、人間も助けなさい」と言って、
「意富加牟豆美命」(おおかむづみのみこと)=「偉大な神霊」という名を授けました。
 
そこでとうとう、伊邪那美命自身が追いかけてきました。 
何とか逃げ延びた伊邪那岐命は、黄泉国出入口「黄泉比良坂」(よもつひらさか)
千人で引くほどの重い大きな岩で塞いでしまいました。
 
伊邪那美命は自分を見ないでという約束が破られたことを悔しがり、
「私が愛した伊邪那岐命よ、なぜこんな仕打ちをするのですか。
これから私はあなたの国の人を一日千人殺してしまおう」と言いました。
これに対し伊邪那岐命は、
「それならば、私は一日に千五百人の人を生もう」と告げました。
それ以来、一日に多数の人が死に、
より多くの人が生まれるようになったということです。
 
この時から、
伊邪那美命を「黄泉津大神」(よもつおほかみ)または「道敷大神」(ちしきのおほかみ)
「黄泉比良坂」(よもつひらさか)を塞いだ大岩を
「道返之大神」(ちかへしのおほかみ)・「黄泉戸大神」(よみとのおほかみ)
呼ぶようになりました。
また『古事記』では、黄泉比良坂は、出雲国の伊賦夜坂(いふやのさか)
現在の島根県松江市の旧東出雲町地区としています。
 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain