うまずたゆまず

コツコツと

国生み

天地開闢の時生成した七代の神の最後に生まれた男女の神が
伊邪那岐神(いざなぎのみこと)と「伊邪那美神(いざなみのみこと)です。
 
   f:id:linderabella:20210226164459j:plain
 
二柱の神は天の神から、
まだ生まれたばかりで海上に漂っていた大地を固めることを命じられました。
二柱の神々は「天の浮橋」(あまのうきはし)に立ち、
神々より授けられた「天の沼矛」(あめのぬぼこ)という矛で海水を掻き混ぜると、
「於能凝呂島」(おのごろしま)という島が出来上がりました。
 
そこで「伊邪那岐神」と「伊邪那美神」の二柱の神様はその島に降り立ち、
「天御柱」(あまのみはしら)を立て、夫婦の契りを交わります。
「天御柱」(あまのみはしら)の回りを
「伊邪那岐神」は左から、「伊邪那美神」は右から、廻り合いました。
そして出会ったところで
「伊邪那美神」が「あら、なんて立派な男性でしょう」と声を掛けます。
それに「伊邪那美神」が「あなたこそ素敵な女性だ」と答えます。
この時、妻に導かれるように夫婦は結ばれました。
ところが授かった子供(水蛭子)を見て二人は驚きます。
まるで蛭(ひる)のように骨がなく、身体が不自由であったため、
二人はこの子(水蛭子)を葦の船に載せて川に流しました。
 
二柱は話し合い、高天原に上って天津神に聞いてみました。
天津神は「布斗麻邇爾」(ふとまに=鹿の肩の骨を焼いて占うこと)で占いました。
「女から誘ったからだ、始めは男が誘わなくてはいけない」
そこでまた柱をぐるりと回り、伊邪那岐命から声を掛けて交わると、
今度は多くの島々が生まれました。
 
始めに「淡道之穂之狭別島」(あわじのほのさわけしま=淡路島)、
次に産まれたのは「伊予之二名島」(いよのふたなしま=四国)でした。
伊予之二名島は、体一つに顔が四つあります。
  • 伊予の国:愛比売  (えひめ)
  • 讃岐の国:飯依比古 (いひよりひこ)
  • 阿波の国:大宜都比売(おおげつひめ)
  • 土佐の国:建依別  (たけよりわけ)
 
次に「隠伎之三子島」(隠岐の島の三つの島、 別名:天之忍許呂別(あめのおしころわけ))、
筑紫島(つくししま=九州)を生みました。この島も体が一つで顔が四つあります。
  • 筑紫の国:白日別(しらひわけ)
  • 豊の国 :豊日別(とよひわけ)
  • 肥の国 :建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくじひねわけ)
  • 熊曾の国:建日別(たけひわけ)
 
次には伊伎島(いきのしま=壱岐島、別名:天比登都柱(あめひとつばしら))、
津島(=対馬、別名:天之狭手依比売(あめのさでよりひめ))、佐渡島を生みました。
そして最後に、「大倭豊秋津島」(おおやまととよあきづしま=本州)を生みました。
別名、「天御虚空豊秋津根別」(あまつみそらとよあきつねわけ)と言います。
「天御虚空」(あまつみそら)は天空の美称、
「豊秋津」(とよあきつ)は豊かな秋の実りがある、といった意味です。
八つの島からなるので、
これらの島々を「大八島国」(おおやしまのくに)と呼ぶようになりました。
  • 淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま):淡路島
  • 伊予之二名島  (いよのふたなのしま)   :四国
  • 隠伎之三子島  (おきのみつごのしま)   :隠岐島
  • 筑紫島     (つくしのしま)      :九州
  • 伊伎島     (いきのしま)       :壱岐島
  • 津島      (つしま)         :対馬
  • 佐渡島     (さどのしま)       :佐渡島
  • 大倭豊秋津島  (おおやまととよあきつしま):本州
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain