うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「葭始生」

「あしはじめてしょうず」と読みます。
 
だんだんと暖かくなり、
野山だけでなく、水辺の葭(あし)も芽を吹き始める季節です。
葭は、「葦 」とか「蘆」とも書き、
また「悪し」(あし)に通じることを避けて、「善」(よし)とも読まれます。
 
「葦原中国」(あしはらのなかつくに)は日本の古称です。
美称して「豊葦原中国」、略して「葦原国」とか「葦原」とも言います。
「葦原中国」(あしはらのなかつくに)は、
天上界の「高天原」(たかまがはら)、地下の「黄泉国」(よみのくに)
中間に存在するとされる場所で、地上世界を指すと言われています。
葦が生い茂っていることが由来とされています。
 
 『古事記』や『日本書紀』には、
「天(あめ)と地(つち)がひらけるはじめは、
 国土が浮き漂い遊漁が水の上に浮かぶようであった。
 その中から葦芽(あしかび)のようなものが生じて神となり、
 国常立尊(くにのとこたちのみこと)ともうしました。・・」と記されています。
 
 なお、「豊葦原の瑞穂の国」(とよあしはらのみずほのくに)とも言いますが、
「豊」は豊か、「瑞穂」は瑞々しく実る稲の穂の意の美称です。
『古事記』に「この豊葦原の千秋の長五百秋の瑞穂の国」という記載があります。
 
別名に「浪速草」というのがありますが、
これは「水の都」と呼ばれる大阪に多く生育していたためで、
葦(浪速草)は大阪府の郷土の花にもなっています。
 
 
水に恵まれた日本では、古くから水辺に生える葦を
屋根や簾(すだれ)、紙や生薬などに活用してきました。
日本人の生活を、ずっと昔から支えてきてくれた植物です。
 
葦の茎は、竹同様に中が空洞なので、軽くて丈夫です。
葦簀(よしず)や葦笛(あしぶえ)、茅葺き民家の屋根材などとして、
古くから様々な形で利用され、人々の暮らしに身近な植物でした。
 
根茎は「蘆根」(ろこん)という名の生薬として、
利尿、消炎、止瀉などに煎じて用いられてきました。
また、春先の葦の新芽は、食用にも使われていました。
 
 
17世紀のフランスの哲学者パスカルは遺稿集『パンセ』の中で、
「宇宙の無限と永遠に対し、自己の弱小と絶対の孤独に驚き、
 大自然に比べると人間は一茎の葦のようなもので、最も弱い存在である。
 しかし、人間は単なる葦でなく『考える葦である』」という名言を残しています。
 
人間の、自然の中における存在としてのか弱さと、
思考する存在としての偉大さを言い表したものなのだそうです。
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain