うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「鴻雁北」

「こうがんかえる」と読みます。
 
 
冬の間を日本で過ごしていた雁(がん)が北国へ去っていく頃。
春に飛来する玄鳥(つばめ)と入れ替わるようにして、日本を離れていきます。
 
 
「鴻雁」とは、渡り鳥の「雁」のことです。
「雁」というのは総称で、特定の鳥を指す名前ではないそうです。
日本では、
「真雁」(まがん)、「四十雀雁」(しじゅうからがん)、「菱喰」(ひしくい)など
9種が確認されており、そのうち9割が「真雁」(まがん)だそうです。
「鴻」:「ひしくい」という大型の雁
「雁」:それ以外の小型の雁
カモ科の鳥で、大きさは鴨よりも大きく、白鳥(カモ科)よりも小さく、
灰色を帯びた暗褐色をしています。
 
 
玉露や高級な煎茶の仕上げ加工工程で、
選別機によって新芽の茎だけを抽出したお茶を
特に「雁ヶ音」(かりがね)と呼び、
玉露の旨味と茎茶独特の風味から珍重されています。
(「白折」(しらおれ)など、地域によりいろいろな呼称が使われています。)
 
「雁ヶ音」(かりがね)は、水色(すいしょく)は薄いのですが、
爽やかな味と香りがあり、
またアミノ酸が多く含まれる部位であるため、旨味が強いのも特徴です。
また縁起が良いとされている「茶柱が立つ」お茶も、
この「雁が音」なのです。
 
「雁が音」の名は、渡り鳥の雁が海上で体を休めるために止まる、
浮かぶ小枝に茎の姿形が似ていることに由来すると言われています。
 
 
渡り鳥の雁は、遠く海を渡る前に途中、
海上でとまって体を休めるための小枝(葦)を用意し、
これをくわえて渡りの旅に出た・・・という故事(『淮南子』)があります。
そのことから、用意が良いこと、準備に手抜かりがないことを
「葦を啣む雁」と言います。
 
『淮南子』(えなんじ/わいなんし)
前漢の武帝の頃、淮南王劉安(紀元前179年 - 紀元前122年)が
学者を集めて編纂させた思想書。
日本にはかなり古い時代から入ったため、
漢音の「わいなんし」ではなく、呉音で「えなんじ」と読むのが一般的。
 
また、青森県の津軽地方には、「雁風呂」の伝説があります。
これは、秋に葦をくわえて大陸から日本に渡ってきた雁は、
津軽の浜に辿り着くと、くわえてきた葦や小枝をこの浜に落として、
身軽になって更に南下を続けます。
春になり北帰行を始め、再び海を渡る段になると
津軽の浜で秋に落としていった葦や小枝を拾って
飛び立っていくと言われました。
そして雁の北帰行が終わる頃、
秋から春の間に命を失って
この浜まで辿り着くことの出来なかった雁の数だけ、
浜には小枝が残されます。
近隣の人々はこの小枝を拾って風呂を沸かし、
旅の途中で命を失った雁を供養したと言われ、
この供養の行事が「雁風呂」と呼ばれました。
 
大変によく出来た話ではあるのですが、
残念なことですが、
実際に雁が小枝(葦)をくわえて渡ることはないそうです。
「雁風呂」伝説自体、津軽地方には無いそうで、
どうやら都人が津軽の浜の冬場の漂着物と『淮南子』(えなんじ)の故事を結びつけて
生み出した物語のようです。
 
 
5月に入るとすぐに雑節の「八十八夜」があります(令和3年は5月1日)。
 今年は、「雁が音」でも買い求めようかなあ。
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain