うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「雷乃発声」

f:id:linderabella:20210324180431j:plain

 

「かみなりすなわちこえをはっす」と読みます。
 
 
春の訪れとともに、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴り始める頃です。
立春以降に鳴る雷のことを「春雷」と言います。
「春雷」は、春の到来を伝えるとも言われ、
また、冬眠していた地中の虫達が雷鳴に驚いて目覚めるという意味から
「虫出しの雷」とも呼ばれています。
 
「春雷」は夏の雷とは成り立ちが違います。
夏の雷「熱雷」は、
熱せられた上昇気流によって形成された「積乱雲」による雷です。
一方「春雷」は、低気圧に伴う寒冷前線が移動する時に
大気が不安定になることで発生する雷、「界雷」(かいらい)の一種で、
(ひょう)を伴うこともあります。
 
先人の言葉に「雷の多い年は豊作になる」というものがあります。
昔は、雷の光が稲を実らせ、育てると考えられていたようです。
ですが、この言葉の背景にはきちんとした理由があるようです。
 
植物の成長に欠かせない三大要素は
「窒素(N)」「リン酸(P)」「カリウム(K)」です。
これらを外部からバランスよく施すことが、
稲の収穫量を上げる上で大切になります。
 
 
雷の放電現象によって、空気中の「酸素」や「窒素」がイオン化されます。
これらのイオンが雨に溶け込んで、大地に天然の肥料を提供してくれます。
空気の成分の大部分は「窒素」なので、
天然水で程良く希釈された窒素肥料が十分に供給されるので、
豊作となるのだそうです。
 

f:id:linderabella:20201123052824j:plain

 
今回の候は、秋分の初候「雷乃収声」(かみなりすなわちこえをおさむ)と対になる候です。
 
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain