よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

大安(たいあん)

f:id:linderabella:20210228065947j:plain

 
「大安」とは、一日を通して縁起が良いとされている日で、
「六曜」と呼ばれる日本の歴史の中でも有名な「歴注」のひとつです。
文字通り「大いに安し」という意味で、六曜の中でも一番の吉日!
一日中、あらゆることが「吉」なので、
結婚式や結納の日に選ばれることが多いようです。
「歴注」とは、暦に記載される日時・方位などの吉凶、
その日の運勢などの事項のことです。
「六曜」を縁起の良い順に並べると「大安」が一番で、
次いで「友引」か「先勝」が縁起の良い日です。
次が「先負」で、残る「赤口」と「仏滅」は、
いずれも縁起の良くない「厄日」と言われています。
 
 
「六曜」は、
元々Chinaで「時間」を区切る際に使われていた考え方だと
言われています。
日本には、14世紀の鎌倉末期~室町時代にかけて伝来したと
言われています。
 
当初は、時間の吉凶を占う指標として用いられていました。
太陽が昇ってから沈むまでと、夜が始まってから終わるまでを
それぞれ3つ、計6つの時間帯に分けて、六曜が当てはめていたそうです。
 
六曜の「曜」は「星」を表していて、
「星」は「お金」をイメージさせることから、
六曜は賭け事のタイミングを決める際によく利用されていたそうです。
 
その後、明治時代の暦改正により、
現代のような「日」の吉凶を占う指標として利用されるようになりました。
 

 
「六曜」に科学的な根拠はありません。
あくまでも個人としての活用の範囲と考えるべきですが、
広く世の中に広まっておりますので、
社会生活の中で冠婚葬祭などマナーを重んじる際には考えるべきでしょう。
 

 

f:id:linderabella:20201209124007p:plain

 

トップに戻る