うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「桃始笑」

「ももはじめてさく」と読みます。
 
 
読んで字のごとく、桃の蕾がほころび、花が咲き始める頃となりました。
昔は花が咲くことを「笑う」と表現しました。
 
桃は枝から直接くっつくように、溢れんばかりに密集して咲くのが特徴です。
上品な白から淡いピンク、濃紅まで、彩りの競演を楽しめるのも
「桃」ならではないでしょうか。
 
「桃」と言うと、まず思い浮かべるのはフルーツ(「実桃」)のほうですが、
「桃」は大きく分けて2種類あり、
雛祭りに飾る桃の花は、花を観賞するための品種で「ハナモモ」と呼び、
食用の「実桃」とは性質が異なります。
 
f:id:linderabella:20200722104951j:plain
 
 
桜の花の咲く時期に前後して開花の最盛期を迎え、
艶やかなピンクや赤、白の花が春の庭を彩り「ハナモモ」(花桃)は
バラ科サクラ属の落葉中高木で、花を観賞するために改良された桃です。
 
桃は、Chinaでは禍を避け、福を招く縁起の良い木とされてきました。
日本には弥生時代に渡来したと言われています。
『古事記』にも、イザナギが黄泉の国から逃げ帰る際、
悪鬼にモモを投げつけて退散させたとあります。
平安時代には、3月3日の桃の節句が祝われ、桃の花が観賞されるようになりました。
 
観賞用の「ハナモモ」として品種改良が進んだのは江戸時代に入ってからです。
様々な園芸品種が生み出され、現在も当時の品種が多く残っています。
 
大正時代には、「赤、白、ピンク」の3色が入り混じった品種が登場します。
この華やかな品種は、福沢諭吉の娘婿で、木曽川水力発電の開発に尽力されたことから
「日本の電力王」とも呼ばれた福沢桃介氏がドイツ・ミュンヘンから持ち帰り、
長野県・阿智村で定植させたものです。
 
現在、阿智村には、現在は、月川温泉郷一帯に約五千本、
阿智村から南木曽町へ抜ける国道256線「花桃街道」に約五千本と、
トータル一万本ものの花桃が植えられ、「日本一の桃源郷」と呼ばれ、
4月中旬から5月中旬にかけて見頃を迎えます。
 
(詳しくは、日本一の「花桃の里」をご覧下さい。)
 
 
因みに、「ハナモモ」にも実はなりますが、
残念ながら「実桃」とは異なり、一般的には食用に向きません。
「ハナモモ」に実がなるのは7~8月で、大きさは5~6cm程度と小ぶりで、
実は酸味や苦みが強いと言われています。
しかし「ハナモモ」を自宅で育てている方の中には、
その実を果実酒にしたり、ジャムにしたり活用しているようです。
 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain