うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「東風解凍」

「はるかぜこおりをとく」と読みます。
 
 
春の兆しとなる柔らかな風が東の方からが吹き、
冬間に張りつめた厚い氷を溶かし始める・・・まさに春の訪れを表した候です。
 
「はるかぜ」と読んでいますが、東の風と書いて「こち」と読み、
「東風」が吹くようになると寒気が緩み、春を告げる風として喜ばれてきました。
 
 

f:id:linderabella:20201209134306j:plain

 

 
「東風」・・・というと、
太宰府に左遷される前の菅原道真が詠んだ有名な和歌
「東風吹かば にほひをこせよ 梅の花」
があります。
 
春になって東風が吹いたなら、
その風に託して配所の大宰府へ香りを送ってくれ、梅の花よ。
主人の私がいないからといって、咲く春を忘れるな。
 
毎年2月25日の菅原道真(天神様)の御神忌(ご命日)には、
日本各地にある天満宮では、「梅花祭」が行われています。
(太宰府天満宮での模様はこちら!
 
道真公がこよなく愛された梅の花を神職が冠に挿し、
お供えとして梅花と古来より伝わる特殊な神饌をご神前に捧げて
御神霊をお慰めするお祭りです。
 
まだ冷たさの残る早春の風。
受験生の皆様、風邪など引かないようにお気を付け下さいませ。
 
 
 
f:id:linderabella:20201227114524j:plain