うまずたゆまず

コツコツと

鬼の色の違いと意味とは?

f:id:linderabella:20200724080254j:plain

 
節分といえば鬼。その鬼に色の違う5種類の鬼がいることはご存知でしたか?
 
鬼の色の意味は、仏教に由来します。
「五色の鬼」は仏教における「煩悩」、
すなわち「心穏やかに過ごすには、心に蓋をしている5つの煩悩を外しなさい」という
「五蓋」(ごがい)の教えから来ているそうです。
  1. 貪欲(とんよく)
  2. 瞋恚(しんに)
  3. 掉挙(じょうこ)・悪作(おさ)
  4. 惛沈(こんちん)・睡眠(すいみん)
  5. 疑 (ぎ)
 
5つの煩悩のそれぞれが、
赤鬼、青鬼、黄鬼、緑鬼、黒鬼に当てはめられ、
豆まきの時には、
自分が打ち勝ちたい煩悩の色の鬼に豆を投げると良いと言われています。
 
 

赤鬼

赤鬼は五蓋の「貪欲」(とんよく)で、
欲望や渇望など強い欲望を表し、全ての悪の象徴です。
全ての悪の象徴とされる赤鬼に豆をぶつけると、
自分の中の悪い心が取り除かれると言われています。
 
 

青鬼

青鬼は五蓋の「瞋恚」(しんに)で、
悪意や憎しみ、怒りなどの象徴です。
悪意や憎しみ、怒りなどは貧相で欲深い心を表しているので、
青鬼に豆をぶつけることでそれらを取り除き、
福徳に恵まれると言われています。
 
 

黄鬼(白鬼)

黄鬼は五蓋の「掉挙(じょうこ)・悪作(おさ)」で、
心の動揺や後悔の象徴です。
黄鬼に豆をぶつけることで、
過去の後悔から解放され、
自己中心的な甘い考えを取り除き、
公平な判断ができるようになると言われています。
また、「黄鬼」ではなく「白鬼」とされることもあります。
 
 

緑鬼

緑鬼は五蓋の「惛沈」(こんちん)・「睡眠」で、
倦怠、眠気、不健康の象徴です。
沈んだ心、やる気・気力がない、ダラダラしてしまう・・・
そういう自身の不摂生を反省しながら緑鬼に豆をぶつけることで、
健康的で規則正しい生活を心掛けることが出来ます。
 
 

黒鬼

黒鬼は五蓋の「疑」(ぎ)で、疑心暗鬼の象徴です。
黒鬼に豆をぶつけることで、
卑しい気持ちを追い払い、心の平穏を願います。
 
  • 赤鬼    :貪欲、欲望、渇望
  • 青鬼    :瞋恚(しんい)、悪意、憎しみ、怒り
  • 黄鬼(白鬼):掉挙悪作、心の浮動、後悔、甘え、我執(がしゅう)
  • 緑鬼    :惛沈睡眠、倦怠、眠気、不健康
  • 黒鬼    :疑、愚痴、疑いの心
 

f:id:linderabella:20201227110726j:plain