うまずたゆまず

コツコツと

七十二候「水沢腹堅」

「きわみずこおりつめる」と読みます。
 
大気の冷えがまさに底となるこの時期、
池や沼の水面の氷は、
溶けたり凍ったりを繰り返しながら厚みを増していきます。
その年の最低気温が観測されるのも、この頃が一番多く、
氷点下に達する地域も多く見られます。
因みに、寒さの日本記録は−41℃で、
明治35年1月25日に旭川市で観測されました。
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain