うまずたゆまず

コツコツと

卯月八日(うづきようか)

f:id:linderabella:20200722104938j:plain

 

「お山始め」「花見八日」などとも呼ばれ、
旧暦の「卯月八日」(4月8)に、山の神が田へ降りて来るのを迎える祭日です。
 
元々4月8日は、「灌仏会」として釈迦の生誕を祝う日ですが、
それとは別に、民間ではこの時期に農事や山野での活動時期を迎えることから、
春季到来を祝う行事、飲食、遊興や、先祖供養などの行事が行われてきました。
この日には農事をしてはならないとされており、
「卯月八日に種まかず」と言われています。
 
 
「卯月八日」には、躑躅や藤や石楠花、卯の花などを山から採ってきて、
竹竿の先にくくり付け、庭先などに立てる「天道花」(てんとばな)の風習が
各地に伝えられてきました。
これは、苗代つくりが始まる時節に山から田の神を里へと迎える意味があるとも、
毒虫などがわき出る季節の魔除けのまじないであるとも言われています。
 
 
関西地方では「花折り始め」といって墓参りをします。
「八日の墓参り」として先祖に花を供えたりする地域もあります。
「花見八日」「山慰み」とも呼んで、山から田の神を迎える習わしもあります。
 

f:id:linderabella:20201227110645j:plain