うまずたゆまず

コツコツと

お水取り

奈良の東大寺で、3月1日から14日に「修二会」が行われます。
「修二会」は、人々に代わって、仏に罪や穢れを懺悔し、
「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」を祈願する仏教行事です。
(旧暦の)2月に修する法会という意味で「修二会」と呼ばれます。
 
「修二会」は他の寺院でも行われますが、
「お水取り」は東大寺独特のもので、「お松明」で有名です。
 
「お松明」とは、この期間、毎日行(ぎょう)に行く
連行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる修行僧の道を照らす大きな松明のことです。
この火は穢れを焼き払い、火の粉を浴びると一年間無病息災で過ごせると言われ、
毎年多くの人が東大寺を訪れます。
 
 
「お水取り」は、二月堂下にある閼伽井屋の中の井戸(「若狭井」(わかさい))から
「お香水」を汲み上げ、本尊にお供えする儀式です。
「若狭井」は、若狭国福井県)の小浜と水脈が繋がっているという伝承があります。
「お水取り」に先立つ3月2日に、福井県の神宮寺で「お水送り」の神事が行われ、
巨大な松明で先導して、神宮寺の井戸から汲み上げた「香水」(こうずい)
遠敷川(おにゅうがわ)の「鵜の瀬」(うのせ)と呼ばれる場所に運んだ後、
送り水の神事を行い、水を川に流します。
 
 
なお、奈良の薬師寺においても「花会式(はなえしき)と呼ばれる
3月30日から4月5日にかけて「修二会」が行われます。
梅、杜若など十種の増加が本尊に供えられ、最終日の5日には松明が焚かれ、
節分に由来する「鬼追い式」が行われます。
 
 

f:id:linderabella:20201227110641j:plain