うまずたゆまず

コツコツと

十八粥(団子粥)

1月18日は「十八粥」の日です。
この日は、
「小正月」の1月15日に作った「小豆粥」を取って置いたものに、
「餅花」(小正月に小さく切った餅やだんごを木にさして飾ったもの)や
団子を入れて粥を作り、朝に食べます。
 
団子を入れるため「だんご粥」、
15日の小豆粥を取り置き、温めて食べるので「あたため粥」とも
呼ばれています。
 
「十八粥」を食べると、
蛇やムカデの害から逃れることが出来ると伝えられ、
また、果樹の豊作を願って木に傷をつけ、
「小豆粥」を塗る地域もあります。
 
「七草粥」と「小豆粥」が「松の内」の行事に対し、
18日は松が取れているため普段着で行われます。
 
「十八粥」は、疲れを取り去り、 体力を強化し、
体内をスッキリさせる効果があります。
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain