うまずたゆまず

コツコツと

小豆粥(あずきがゆ)・望粥(もちがゆ)・桜粥(さくらがゆ)

小豆粥

小正月に「小豆粥」を食べる習慣は、今も残っています。
小豆の優しい甘みとほのかな塩味の「小豆粥」は、
小豆の「赤」が邪気を祓うと言われ、
「小正月」の他、
1月18日の「十八粥」(15日に作った小豆粥を残しておき再度餅を入れて食べる)、
12月23日の「大師講」に食べられてきました。
 
因みに、満月の正月に食べるので「望粥」(もちがゆ)
小豆で薄紅に染まるので「桜粥」(さくらがゆ)とも呼ばれています。
 
そして、出来上がった「小豆粥」の釜に、篠竹や葦の管、また「粥掻き棒」を入れて、
粥の付いた状態を見て豊凶を占います。(「粥占」(かゆうら)
 
小豆の「赤」はポリフェノールで、毒素を排出する作用があるとされます。
小豆粥で無病息災!
 
 
<小豆粥の作り方>・・・オレンジページ参照
[材料] (作りやすい分量)
  • 小豆(乾燥) 50g
  • 米 1/2合(90ml)
  • 切り餅 1個
  [熱量 92kcal(1人分) 塩分 0.6g(1人分)]
 
 
[作り方]
  1. 小豆はよく洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて中火にかける。
    沸騰したら、ザルに上げる。
  2. 鍋に再び小豆を入れ、水4カップを加えて中火にかけ、沸騰したら弱火にする。
    蓋をせずに40~50分ゆで、小豆が柔らかくなったら、小豆とゆで汁に分ける。
  3. 厚手の小鍋に米と水5カップを入れ、弱火にかける。
    途中で混ぜずに、時々煮立つくらいの火加減に調節しながら、1時間程煮る。
    切り餅は1.5cm角に切る。
  4. 【3】に小豆、ゆで汁大さじ3、餅、塩小さじ1/2強を加え、5分程煮る。
    餅が柔らかくなったら火を止め、器に盛る。
 
 
 

 
 望粥(もちがゆ)
 満月のお正月に食べるお粥のこと。
 
桜粥(さくらがゆ)
小豆で薄紅に染まるので、
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain f:id:linderabella:20201227110718j:plain f:id:linderabella:20201227114531j:plain