うまずたゆまず

コツコツと

花見(はなみ)

f:id:linderabella:20200722104938j:plain

 

歌詠みでは古くから、
花と言えば「桜」を指すほど愛でられてきた桜のお花見は、
春の楽しみの最たる一つです。
 
今は「染井吉野」が多いですが、
昔は山々にほんのりと色づく「山桜」を眺めたそうです。
因みに、「国花」とされる桜は「山桜」です。
 
 
花見には、田の神様へ今年の稲の豊作を祈る意味合いがありました。
一説によると、
桜の
「さ」 は、山の神様(=田の神様)という意味で、
「くら」は、座する場所という意味です。
 
神様が山にいらっしゃる場所が、あの山桜がほんのり染まっている辺りだよ、
見守ってくれているよ、というのが花の名の由来と言われています。
古くは桜の花の咲き具合から、秋の収穫を占ったそうです。
苗代で苗を育てるさなか、豊作への思いを桜に託してきました。
 
 

染井吉野

「染井吉野」は、「江戸彼岸」と「大島桜」の交配から生まれました。
この桜は、江戸時代の終わりから明治時代にかけて、
駒込の植木屋が売り出したもので、奈良吉野山の「山桜」と区別するため、
地名である「染井」を冠して「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになりました。
「染井吉野」は、九州・四国地方より3月下旬から咲き始め、
桜前線は次第に北上していきます。
 

山桜

山桜は古来、日本に自生してきた野生種の桜です。
奈良県吉野山の「吉野の桜」はこの「山桜」です。
奈良県の吉野山の「山桜」は約3週間に渡って、
下千本、中千本、上千本、奥千本と山下の北から山上の南へと順に、
約3万本の花が次々と咲き、山が薄紅色に霞んで見えます。

f:id:linderabella:20201227114524j:plain