うまずたゆまず

コツコツと

「母の日」の起源

日本を始め、世界の多くの国々で
5月の第2日曜日は「母の日」として広がっています。
 
1907年5月、アメリカ・フィラデルフィアの教会で、
アンナ・ジャービスという女性が生前の母の活動や功績に心を打たれ、
「自分の亡き母を追悼したい」という想いから、
教会の参列者に白いカーネーションを配ったことによります。
 
アンナ・ジャービスのお母さん、アン・ジャービス
南北戦争の際、
敵味方関係なく負傷した兵士の手当てや看護を積極的に行いました。
戦後も彼女は「母の友情の日」として、
まだ火種がくずぶっていた
南北の敵同士を結び付けるための平和活動を行いました。
そして、1914年、ウィルソン米大統領の提唱で、
議会は5月の第2日曜日を国民の祝日「母の日」と制定したのです。
 
 
日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期の頃。
米国から、キリスト教由来の行事として日本に入ってきました。
大正4(1915)年には、教会でお祝いの行事が催されました。
 
そして、昭和6(1931)年に大日本連合婦人会が結成されると、
香淳皇后陛下の誕生日である3月6日を
「母の日」として公式に制定されましたが、
この時点では民間での「母の日」の知名度は低いままでした。
 
昭和12(1937)年5月、お菓子メーカーの森永製菓が
20万人のお母さんを東京の遊園地に無料招待し
「母の日大会」を開催しました。
「ありがとうお母さん!」と題し、
お母さんと子供達が遊園地を楽しんだこのイベントが
メディアで大きく取り上げられたことで、
日本でも母の日が広く知れ渡ることになりました。
 
 
ただ、それ以前から「母の日」はあり、
「母の日」の起源は、
古代ローマ時代のローマで神々の母リーアに感謝するための「春祭り」とか、
17世紀の英国で、復活祭の40日前の日曜日を「マザーズ・サンデー」として、
母親と過ごすために出稼ぎ労働者を里帰りさせていたのが広まったから
などの説があります。
 
 

 
カーネーション」はナデシコ科の花で、
毎年花を咲かせる多年草の植物です。
 
原産地は地中海沿岸の地域とされており、
現在広く流通しているのは、
多くの近縁種を掛け合わせて作られた交配種です。
 
古代ギリシャ時代には既に人々の手によって栽培されていました。
改良が始まったのは16世紀頃の英国で、
最初は白や赤などの品種から作られ始めたとされています。
17世紀頃には更に様々な色の品種が開発され、
形も大輪のものから八重咲のものまでが作られるようになりました。
その後、仏国、米国と改良の舞台は移り変わり、
現在流通している品種に近いものが次々と作られていったのです。
 
因みに、カーネーションが日本に入ってきたのは江戸時代初期頃だとされ、
当時の貿易相手国であったオランダから持ち込まれたと考えられています。
 

 
 
プレゼントする時に気をつけたい
赤色 母への愛、熱烈な愛、愛を信じる
濃い赤色 欲望、心の哀しみ
白色 純潔の愛、尊敬
あなたへの愛情は生きている
ピンク 温かい心、感謝、
気品・上品、美しい仕草
紫色 気品、誇り
オレンジ色 純粋な愛、清らかな慕情、
あなたを愛します
青色 永遠の幸福
黄色 美、友情
 
 
プレゼントする時に気をつけたい
カーネーションの本数
(どのお花にも当てはまります。)
1本 私の運命の人はあなたです。
3本 私はあなたを愛しています。
4本 私はあなたを一生愛し続けます。
6本 私はあなたに夢中です。
8本 私はあなたの思いやりに感謝しています。
9本 いつまでも一緒にいよう。
11本 あなたは私の最愛の人です。
12本
(ダズンフラワー)
「全てをあなたに誓う」ことを
意味します。
ダズンフラワー12本の花1本1本に、
「感謝・誠実・幸福・信頼・
 希望・愛情・情熱・真実・
 尊敬・栄光・努力・永遠」という
意味を込めて贈ってみませんか?
40本 私はあなたに永遠の愛を誓います。
50本 永遠
99本 永遠の愛
108本 私と結婚して下さい。
 

f:id:linderabella:20201227110649j:plain