うまずたゆまず

コツコツと

雑節「八十八夜」

f:id:linderabella:20200709095301j:plain

 

立春から八十八夜目に当たる日に「八十八夜」が訪れます。
農事の節目の日とされ、茶の栽培では、「新茶」の茶摘みの時期です。
また、霜が降りなくなるため、そろそろ田植えが始まります。
 
「八十八夜」は、暦の上では雑節の一つとされ、
暮らしや習俗の中から自然発生的に生まれてきた節目の日になります。
 

新茶

f:id:linderabella:20200728122014j:plain

 
八十八夜を過ぎる後、「立夏」はもうそこです。
立春から八十八夜と言うのは、春の全ての気が満ちている時期です。
「八十八夜の新茶を飲むと病気にならない」とか「長生きする」など、
縁起の良い様々な言い伝えが残っています。
新茶を縁起の良いものとして扱うのには訳があります。
一つは、「八十八夜」前後のものが一番成分が豊富と言われています。
人々は経験的に「新茶」が優れていることを悟り、
「八十八夜」のお茶に「新茶を摂取して健康を維持したい」という願いを込めて、
言い伝えを残したのでしょう。
もう一つは、「お米」と「お茶」の関係です。
「八十八夜」はちょうど田に籾を蒔く大切な時期に当たるという訳です。
その時期に採れる作物ということで縁起を担ぐという意味もあるのでしょう。
 

「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の忘れ霜」

この時期になると、
「もう霜が降りない」、「田畑の霜害の心配が要らなくなる」と意味で、
「八十八夜の別れ霜」とか「八十八夜の忘れ霜」と言われてきました。
苗代で育てた稲の苗を霜も去ったし、そろそろ田植えをしようかという時期です。
ですが、油断をしていると霜が降りて苗がやられてしまうこともあるから
気を付けてという意味で、
「八十八夜の別れ霜」とか「八十八夜の忘れ霜」と言われました。
 
 

八十八を組み合わせるると「米」

八十八と縦に組み合わせてみると「米」という字になります。
農家では稲の種まきや、茶摘みが始まります。
 

<関連記事>

 

f:id:linderabella:20201227110649j:plain