うまずたゆまず

コツコツと

天神様(てんじんさま)

古くから学問の神様として広く信仰されている天神様。
天神様とは、平安時代初期の政治家で、優れた学者でもあった
菅原道真のことですね。
 
京都の「北野天満宮」や東京の「湯島天神」、福岡の「太宰府天満宮」など、
道真ゆかりの各地の天満宮では、
2月に入ると、早咲きの飛梅や寒紅梅から遅咲きの八重咲梅に至るまで、
道真がこよなく愛した梅が次々と花咲き、芳しい香りを漂わせています。
 
 
梅はChina原産の樹木で、その実が万能に効くとされ、
奈良時代頃に薬用植物として、入ってきました。
その可憐な花と高貴な香りは人々の心を引き付け、
『万葉集』にはたくさんの梅乃和歌が収載されています。
 
道真も、太宰府に左遷された折り、
「東風吹かば にほひおこせよ梅の花
         あるじなしとて春な忘れそ」
詠んでいます。
 
Chinaには、
梅の香りが学問が栄える時により芳しくなるという故事があり、
梅の花は別「好文木」(こうしんぼく)と呼ばれていました。
若き日の道真の学び舎にも梅があったそうで、
その芳香が自らの精神を大きく養ったと
自著『菅家文章』(かんけぶんそう)に記しています。
 
毎年2月25日の天神さまの御神忌(ご命日)には、
「梅花まつり」が行われます。
(太宰府天満宮での模様はこちら!
 
道真公がこよなく愛された梅の花を神職が冠に挿し、
お供えとして梅花と古来より伝わる特殊な神饌をご神前に捧げて
御神霊をお慰めするお祭りです。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain