うまずたゆまず

コツコツと

初観音(はつかんのん)

毎月18日は観音様の縁日です。
中でも年の初め、1月18日の観世音菩薩の縁日は、
「初観音」と言って多くの信者が参詣する日で、
観音様を本尊とする寺では、様々な行事が行なわれます。
 
ところでなぜ観音様の縁日は18日になったのでしょうか。
 
隅田川の辺りに住む兄弟が、漁をしていると網に一体の仏像がかかりました。
兄弟は最初、仏像を網から外して水中に投げ入れていましたが、
何度も同じ仏像が網にかかるため、家に持ち帰り、土地の長に見てもらいました。
すると聖観世音菩薩の像であることが分かり、お祀りすることになりました。
これが「浅草寺」の御本尊となりました。
 
この「聖観世音菩薩像」が現れたのが628年3月18日であったために、
観音様の縁日は18日になったという説があります。
 
また他の説によると、西暦900年代に定められた
「三十日秘仏」(さんじゅうにちひぶつ)という暦では、
それぞれの日にちに仏様が割り振られていて、
これが現在の縁日の基礎となっており、
観音様は18日に当たっているためというものです。
 
1 2 3 4 5 6
定光仏
妙見菩薩
  多宝仏 阿閃仏 弥勒菩薩
水天宮
二万灯明仏
7 8 9 10 11 12
三万灯明仏
千手観音
薬師如来
八幡宮
大通智勝仏 日月灯明仏
金毘羅様
歓喜仏 難勝仏
薬師如来
13 14 15 16 17 18
虚空蔵菩薩
日蓮聖人
普賢菩薩 阿弥陀如来
妙見菩薩
陀羅尼菩薩
閻魔王
龍樹菩薩
青龍権現
観音菩薩
鬼子母神
19 20 21 22 23 24
日光菩薩
七面天女
月光菩薩 無尽意菩薩
飯縄権現
施無畏菩薩  大勢至菩薩 地蔵菩薩
愛宕権現
25 26 27 28 29 30
文殊師利菩薩
天満天神
薬上菩薩 盧遮那仏 大日如来
不動明王
三宝荒神
薬王菩薩 釈迦如来
 
 
「初観音」の日は、どこの寺院でも特別な行事を行います。
中でも有名なのは、
京都の「三十三間堂」で行われる「楊枝のお加持」(やなぎのおかじ)
 
三十三間堂」は、
後白河上皇が自分の離宮の敷地内に建てたものです。
上皇は長年ひどい頭痛に悩んでいました。
何とか頭痛を解消したいと神仏に祈願していたところ、
夢のお告げがありました。
 
その夢によれば、
上皇の前世は「蓮華坊」という僧侶でしたが、
亡くなった後に、
その髑髏(頭蓋骨)が川底に沈み、目穴から柳が生え、
風が吹く度に柳が動き、上皇の頭痛を起こしていたというのです。
川底から髑髏(どくろ・しゃれこうべ)を引き上げて、
三十三間堂」の千手観音に納め、
柳の木は梁に使うと上皇の頭痛は見事に治りました。
 
この言い伝えから、
三十三間堂」は頭痛を治すご利益があるとされ、
毎年「楊枝のお加持」(やなぎのおかじ)が行われるようになりました。
観音様に祈願をした聖なる水を柳の枝で参拝者に振りかけると
頭痛を始めとする様々な病気を除くと言われています。
 
またこの日、「三十三間堂」では「大的大会」が行われます。
これは江戸時代の「通し矢」を由来とする旧道の大会ですが、
弓道を嗜む新成人が晴れ着姿で弓を引く場面は、
とても華やかで、ニュースでも取り上げられています。
 
令和3年1月17日(日)開催予定でした
「第71回 三十三間堂大的全国大会(通し矢)」は
新型コロナウィルス感染拡大防止のため
中止することとなりました。
なお、同日開催の
「楊枝(やなぎ)のお加持結願大法要」は執行予定
です。(終日無料開放)
 
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110722j:plain