うまずたゆまず

コツコツと

六十干支(ろくじっかんし)

暦注の多くは、
「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)という
古代Chinaの思想や易から発生し、
月日に当てられるようになったもので、
その大きな柱となるものが「干支」です。
 
「干支」(えと)は、
「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)の組み合わせです。
 
「十干」は元々、甲、乙、丙、丁…と、
日を順に10日のまとまりで数えるための呼び名(符号)でした。
10日毎に「一旬」(いちじゅん)と呼び、
3つの旬(上旬、中旬、下旬)で1ヶ月になるため、
広く使われていました。
 
古代Chinaでは、
万物は全て「陰」と「陽」の2つの要素に分けられるとする
「陰陽説」(いんようせつ)
全て「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素からなるとする
「五行説」(ごぎょうせつ)という思想がありました。
 
これらを組み合わせて「陰陽五行説」といい、
やがて陰陽五行説を「十干」に当てはめるようになりました。
また、日本では、
「陰」と「陽」を「兄」(え)と「弟」(と)に見たて、
「兄弟」(えと)と呼ぶようになりました。
 
一方、「十二支」は、元々12ヶ月の順を表わす呼び名でしたが、
やがてこれらに12種の動物を当てはめるようになったものです。
 
干支の組み合わせ(十干と十二支の組み合わせ)は60通りあり、
「六十干支」と呼びます。これが一巡すると「還暦」となります。
 
 

干    支 十干 十二支    
1. 甲 子
(きのえね)
  f:id:linderabella:20201225131338j:plain
2. 乙 丑
(きのとうし)
 
3. 丙 寅
(ひのえとら)
 
4. 丁 卯
(ひのとう)
 
5. 戊 辰
(つちのえたつ)
 
6. 己 巳
(つちのとみ)
f:id:linderabella:20200725054637j:plain
7. 庚 午
(かのえうま)

 

 

 

 

 

 

 
8. 辛 未
(かのとひつじ)
 
9. 壬 申
(みずのえさる)
 
10. 癸 酉
(みずのととり)
 
11. 甲 戌
(きのえいぬ)
 
12. 乙 亥
(きのとい)
 
13. 丙 子
(ひのえね)
 
14. 丁 丑
(ひのとうし)
間日  
15. 戊 寅
(つちのえとら)

 

 

 

 

 

 
16. 己 卯
(つちのとう)
 
17. 庚 辰
(かのえたつ)
 
18. 辛 巳
(かのとみ)
 
19. 壬 午
(みずのえうま)
 
20. 癸 未
(みずのとひつじ)
 
21. 甲 申
(きのえさる)
 
22. 乙 酉
(きのととり)

 

 

 

 

 

 

 

 
23. 丙 戌
(ひのえいぬ)
 
24. 丁 亥
(ひのとい)
 
25. 戊 子
(つちのえね)
 
26. 己 丑
(つちのとうし)
 
27. 庚 寅
(かのえとら)
 
28. 辛 卯
(かのとう)
 
29. 壬 辰
(みずのえたつ)
 
30. 癸 巳
(みずのとみ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

31. 甲 午
(きのえうま)
 
32. 乙 未
(きのとひつじ)
33. 丙 申
(ひのえさる)
34. 丁 酉
(ひのととり)
35. 戊 戌
(つちのえいぬ)
36. 己 亥
(つちのとい)
37. 庚 子
(かのえね)
38. 辛 丑
(かのとうし)
39. 壬 寅
(みずのえとら)
40. 癸 卯
(みずのとう)
41. 甲 辰
(きのえたつ)
42. 乙 巳
(きのとみ)
43. 丙 午
(ひのえうま)
44. 丁 未
(ひのとひつじ)
45. 戊 申
(つちのえさる)
46. 己 酉
(つちのととり)
 
47. 庚 戌
(かのえいぬ)
 
48. 辛 亥
(かのとい)
 
49. 壬 子
(みずのえね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
50. 癸 丑
(みずのとうし)
 
51. 甲 寅
(きのえとら)
 
52. 乙 卯
(きのとう)
 
53. 丙 辰
(ひのえたつ)
 
54. 丁 巳
(ひのとみ)
 
55. 戊 午
(つちのえうま)
 
56. 己 未
(つちのとひつじ)
 
57. 庚 申
(かのえさる)
f:id:linderabella:20201112164955j:plain
58. 辛 酉
(かのととり)
f:id:linderabella:20201225131317j:plain
59. 壬 戌
(みずのえいぬ)
 
60. 癸 亥
(みずのとい)
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain